20世紀フォックス、創立75周年

 『スター・ウォーズ』のオープニングといえば、あの20世紀フォックスロゴとファンファーレ!タイトルとオープニングクロールが出るまでの一連のシーンは、まさに心躍るひととき。

 現在は配給・宣伝のみ担当しているものの、そんな『スター・ウォーズ』と切り離せない20世紀フォックス映画は、創立75周年を迎えています。

スポンサーリンク

キネマ旬報 20世紀フォックス75周年記念特集

キネマ旬報 2010年 10/15号 [雑誌]

 「キネマ旬報 10/15号」は、20世紀フォックス75周年記念特集を展開。『スター・ウォーズ』はフォックスの75年の中でも大きな存在なので、随所で触れられています。

 映画評論家が選ぶジャンル別フォックス映画ベスト10のSFX部門の選者は、あの石上三登志氏!もちろん『スター・ウォーズ』も選出されています。

 『スター・ウォーズ』で使われたファンファーレは、実はその昔シネスコ作品のみに使われていた長尺版の音源だった、というような知られざる小ネタも。

75周年記念サイト、海外ではDVDボックスも発売

 20世紀フォックス映画 創立75周年キャンペーンサイトも立ち上がっています。フォックスロゴも、時代に合わせて様々なバリエーションがあったのですね。

 また、theforce.netによると、海外では75周年記念としてフォックスの名画を集めたDVDボックスが12月7日に発売され、その中で『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』が収録されます。日本での発売は未定。

スポンサーリンク
20世紀フォックス、創立75周年
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連記事