チューバッカの視点で描いた「Chewie」が未映画化脚本賞に選出

 eiga.comより。

 ハリウッドで映画化されていない優秀脚本を選ぶ、2011年ブラックリスト賞にチューバッカを演じたピーター・メイヒューを主人公にした「Chewie」が3位に選出されました。

 ブラックリスト賞とは、映画スタジオや製作会社など脚本を見る機会の多い映画人が、映画化されていないオリジナル脚本の中で気に入った作品をランク付けするもの。

スポンサーリンク

ブラックリスト賞には
『ソーシャル・ネットワーク』や『JUNO ジュノ』も

 7年前に始まったブラックリスト賞は、過去に『ソーシャル・ネットワーク』や『JUNO ジュノ』といった作品が選ばれ、映画化されてきました。

 「Chewie」は、チューバッカを演じたピーター・メイヒューの視点で、『スター・ウォーズ』制作の舞台が描かれるという野心作とのこと。このシノプシスだけで興味があります!

 脚本は映画の重要ポイントなので、この脚本が良いということは映画としても面白いはず。映画化を期待しています!

スポンサーリンク
チューバッカの視点で描いた「Chewie」が未映画化脚本賞に選出
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連記事