ベルメゾンネット

ライトセーバーでリレー!コース・オブ・ザ・フォース日本語レポート記事に、アメリカの懐の深さを見た

 シネマトゥデイより。

 去る7月7日~11日までカリフォルニアで行われていた『スター・ウォーズ』イベント「コース・オブ・ザ・フォース(Course of the Force)」のめずらしい日本語でのレポート記事を発見。

 「コース・オブ・ザ・フォース」は、オリンピックの聖火リレーのようにアルティメット FXライトセーバーを掲げて、サンタモニカからサンディエゴまでランナーからランナーへと受け渡していく、サンディエゴコミコンと連動したチャリティイベント。

スポンサーリンク

企業や公的機関がチャリティを支援

 記事中では、「コース・オブ・ザ・フォース」のイベント自体の盛り上がりはもちろんですが、イベント実現までのエピソードが紹介されています。

 ライトセーバーを持ったランナーと一緒に走るセール・バージ型(!)並走車をチャリティの一環として製作してくれる企業がいたり、警察の協力や公道の使用許可も得ることが出来るなど、『スター・ウォーズ』でチャリティと聞けば、企業や公的機関が支援してくれるアメリカの懐の深さを感じる!『スター・ウォーズ』に限らず、日本で同様の事が出来るかというと難しそう・・・

 このセール・バージの並走車を製作した企業は、2007年に501部隊も参加したロサンゼルスの「ローズパレード・トーナメント」で使用されるフロートを作っているというから、フォースのつながりを感じます。

原動力は、何かを好きと思える情熱

 ただ『スター・ウォーズ』で楽しむだけではない、欧米のチャリティ精神は見習うべきものがありますね。チャリティとはいえお金が絡むことで大変さが増すはずで、こうしたイベントを実現出来ることは並大抵ではないでしょう。

 その原動力は、何かを好きと思える情熱。これが関係各所の協力を得られるポイントでしょうね。アメリカは『スター・ウォーズ』が文化として定着しているから、ここまで大きなものに出来るのでしょう。いや~素敵だ!

スポンサーリンク
ライトセーバーでリレー!コース・オブ・ザ・フォース日本語レポート記事に、アメリカの懐の深さを見た
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連記事