ベルメゾンネット

映画全作がフル仮装対象に!2016年『スター・ウォーズ』的「ディズニー・ハロウィーン」まとめ

 東京ディズニーランド、東京ディズニーシーにて開催される「ディズニー・ハロウィーン」の詳細が発表され、今年2016年の「ディズニーキャラクターのフル仮装」が可能な『スター・ウォーズ』キャラクターが、これまでよりも大幅に増加されることが明らかになりました!

 これはえらいことになってしまった!と驚いたので、今年2016年の「ディズニー・ハロウィーン」のフル仮装を『スター・ウォーズ』にフォーカスを絞ってまとめました。

スポンサーリンク

『スター・ウォーズ』映画7作品、「反乱者たち」、
「クローン・ウォーズ」、ゲーム2作もフル仮装対象

 2016年の「ディズニー・ハロウィーン」の「ディズニーキャラクターのフル仮装」の仮装対象作品一覧に含まれている『スター・ウォーズ』作品は、以下の通り。

映画(実写)

  • スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
  • スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
  • スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
  • スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
  • スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
  • スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還
  • スター・ウォーズ/フォースの覚醒

TV番組(日本国内)

  • スター・ウォーズ 反乱者たち
  • スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ

ゲーム

  • Star Wars バトルフロント
  • スター・ウォーズ:バトル ポッド

大幅に選択肢が広がった
『スター・ウォーズ』フル仮装!

「アトラクション」から「映像作品」へと範囲が拡大

 つまり、『スター・ウォーズ』映画全作品とCGアニメシリーズの「反乱者たち」、「クローン・ウォーズ」、さらには2作のゲーム作品に登場するキャラクターすべてが「ディズニー・ハロウィーン」の仮装対象となってしまったのです!

 何がすごいかと言うと、昨年までは「東京ディズニーランド・東京ディズニーシーに登場するディズニーキャラクター」というレギュレーションにより、『スター・ウォーズ』はアトラクションの「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」に登場しているキャラクターのみが対象とされていたのが、2016年は大幅に仮装出来るキャラクターの自由が広がったということ!

 「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」にはアトラクションオリジナルのアリー・サン・サンやAC-38だけではなく、Qラインにてルークやオビ=ワンが指名手配者として登場しているので、かろうじてフル仮装対象キャラクターになっていましたが「スター・ツアーズ」オリジナルキャラクターと合わせて約20種程度でした。

 「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」にも新しく加わった『フォースの覚醒』のキャラクターのフル仮装の対象への追加はあると思っていましたが、まさか映像化作品がすべてOKとなるとは…

マイナーキャラもパーク内を歩く、
「セレブレーション」状態に?

 つまり、『エピソード4/新たなる希望』のカンティーナに登場するボシェックや、『エピソード5/帝国の逆襲』のクラウドシティにいたウィロー・フードのコスプレでディズニーランドを闊歩することが出来るわけだ。

 私は正直、トゥモローランドの「スター・ジェット」に乗るボシェックが見たい。ケッセルランでハン・ソロの記録を破ったって言ってたし!(関係ない)

 こうなるともはや、「スター・ウォーズ セレブレーション」と同じような感覚ですな…こりゃ大変だ!

スピンオフ小説やコミックなど、対象外作品の仮装は不可

 ここまでコスプレの選択の自由が広がったなら、コスプレイヤーの方々は万々歳かと思いますが、あくまでフル仮装の対象作品は上記に掲載されている通りなので、例えばスピンオフ小説やコミックのキャラクターはもちろん対象外です。

 ざっくり言うと、カノン(正史)の映像作品(ゲーム含む)というところでしょう。

 ゲームといえば、『スター・ウォーズ』キャラクターが登場する「ディズニーインフィニティ 3.0」フル仮装の対象作品に入っているので、「ディズニーインフィニティ 3.0」デザインのキャラのコスプレというのもアリではありますね…(どう表現するのかは置いておいて)

実写からアニメまで、あらゆるディズニー作品がフル仮装OKに

 『スター・ウォーズ』以外にも、実写映画からTVアニメまでよくもまぁこれだけ集めたなというディズニー作品が続々とリストアップ!

 ディズニーランド要素が皆無な、今年2016年公開の『ザ・ブリザード』とか、これまで守って来た統一感とは…というくらいのよくわからんラインナップ。あ、ディズニーシーで海の男の仮装をするのか!

 『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』だけが対象ではないのは、本作は20世紀フォックス配給になっているからですね。

 まぁ、今年は全体的には『ズートピア』が人気なんでしょうなぁ…

 「ディズニー・ハロウィーン」のフル仮装日のパークが一体、どんなカオス状態になってしまうのか楽しみになってきました…これだけフル仮装対象作品があると、目の付けどころがすごい方の登場に期待してしまいます。

「ディズニー・ハロウィーン」フル仮装可能日程

 さて、その「ディズニー・ハロウィーン」でフル仮装OKな日程は9月9日(金)~9月15日(木)と、10月25日(火)~10月31日(月)の合計14日間。東京ディズニーランド、東京ディズニーシーともにこの日程となります。

 9月9日(金)~10月31日(月)までの「ディズニー・ハロウィーン」会期中、いつでもフル仮装出来るというわけではないのでご注意を!

 ただし、小学生以下の方は「ディズニー・ハロウィーン」期間中はいつでもディズニーキャラクターのフル仮装で入園することが出来ます。

「ディズニー・ハロウィーン」フル仮装の注意点

 その他、「ディズニー・ハロウィーン」でのフル仮装で不可とされている注意点は以下の通り。

  • 東京ディズニーリゾートのキャストの仮装
  • お面・ゴムマスク・仮装メイクなど、顔が隠れてしまう仮装
  • 手荷物(幅60cm×高さ50cm×奥行25cmのバッグなど)の中に入らないサイズの小道具
  • インラインスケート・キックボード・スケートボードの着用/乗用
  • 肌の露出の多い服装
  • 裾をひきずってしまう丈の長いドレス、装飾
  • 水着・下着が見える服装、全身タイツ

 『スター・ウォーズ』キャラクターに当てはめれば、エイリアンのコスプレはマスクを被らない方向の衣装にする、ライトセーバーは規定内のサイズにする、リアルなブラスターは持ち歩かない、肌の露出があるレイアやパドメなどのキャラクターは肌着や上着を着用する、アミダラのドレスの裾に気を付ける、などですね。

 ちなみに、小学生以下の方であればキャストの仮装も可能なのでちびっこ「スター・ツアーズ」キャストというのあり。要は、本物のキャストと混同しないならば大丈夫ということです。

10月の土日祝日は、日付指定券限定入園日に

 さらに、10月の「ディズニー・ハロウィーン」期間中に来園する上での注意点として、2016年10月から東京ディズニーリゾートでは日付指定券限定入園日が導入されるということがあります。

 10月の土日祝日は、日付指定券(1デーパスポート、シニアパスポート、マルチデーパスポート、スターライトパスポートなど)、年間パスポートなどでは入園出来ますが、日付指定のないチケットは入園出来なくなります。

 対象日にディズニーランド、ディズニーシーに行くことが決まったら日付指定券の入手を!

「ディズニー・ハロウィーン」の準備が始まる…

 「ディズニー・ハロウィーン」でのフル仮装可能なキャラクターの幅が広がったことで、仮装で入園をされる方は、これから色々と準備をされていくことでしょう。

 どんな『スター・ウォーズ』キャラクターがパーク内で見られるか、今からハロウィンが楽しみですね!

スポンサーリンク
映画全作がフル仮装対象に!2016年『スター・ウォーズ』的「ディズニー・ハロウィーン」まとめ
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事