ベルメゾンネット

『フォースの覚醒』登場のマズ・カナタとキャプテン・ファズマは、『エピソード8』『エピソード9』でさらに活躍する重要キャラ!

FLIX(フリックス)2015年8月号

 映画雑誌「FLIX(フリックス)2015年8月号」は、R2-D2とC-3POが表紙の『スター・ウォーズ』特集。

 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』最新情報と、『スター・ウォーズ』六部作に関する証言集と題したインタビューを中心に構成されています。

 この記事中で、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』製作総指揮のキャスリーン・ケネディと、レイを演じるデイジー・リドリーのインタビューが掲載されているのですが、実はここに『フォースの覚醒』からの三部作について重要な情報が語られていました!

スポンサーリンク

マズ・カナタとキャプテン・ファズマは
『エピソード8』と『エピソード9』でさらに活躍!

 このキャスリーン・ケネディとデイジー・リドリーのインタビューは、おそらく4月30日(木)に行われた「『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』KICK OFF MEETING」に出席するために来日した際のものと思われます。

デイジー・リドリー、キャスリーン・ケネディ来日!2人の発言からわかった5つのこと
 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で新キャラクターのレイを演じるデイジー・リドリーと、ルーカスフィルム社長で『フォースの覚醒』の製作総指...

 インタビュー中で気になったのは、キャスリーン・ケネディの発言。以下に引用します。

―今回のシリーズに登場する女性キャラクターの中で、あなたから話題に出せる登場人物は誰かいますか?レイ以外の女性キャラクターでお話しいただけるキャラクターはいますか?

キャスリーン・ケネディ:私たちの作品には3人の力強い女性の新キャラクターが登場するわ。名前はマズとファズマよ。彼女たちは『スター・ウォーズ フォースの覚醒』で初登場し、『エピソード8』と『9』ではより顕著に活躍することになるわね。

 『フォースの覚醒』に初登場するマズ・カナタとキャプテン・ファズマは、『スター・ウォーズ』シークエルトリロジー全体を通して登場する重要キャラクターだった!

 しかも『エピソード8』と『エピソード9』では『フォースの覚醒』よりも、ますます活躍するとのこと!

 これまでの『スター・ウォーズ』六部作では、女性のメインキャラクターはレイアとパドメくらいでしたが、シークエルトリロジーは女性キャラクターの活躍の割合が多くなるのかも知れません。

おさらい!マズ・カナタとは

 マズ・カナタ(Maz Kanata)は、CGIで表現される海賊のキャラクター。マズ・カナタは城を持っており、その城にはこれまでの『スター・ウォーズ』ギャラクシーでは見たことがない種族のエイリアン達が集まっています。

 演じるのは、『それでも夜は明ける』でアカデミー助演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴで、パフォーマンス・キャプチャーを用いて演技をします。

ヴァニティ・フェア『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』特集で、新キャラクター情報が判明!
 5月4日の『スター・ウォーズ』の日の興奮が冷めやらぬ中、時差の関係でアメリカが『スター・ウォーズ』の日に入り、『スター・ウォーズ/...

おさらい!キャプテン・ファズマとは

 キャプテン・ファズマ(Captain Phasma)は、『フォースの覚醒』ティーザー予告編第2弾にも登場していた金属質のアーマーにマントを付けたトルーパーで、帝国の流れをくんだと思われる組織・ファーストオーダー(First Order)の将校。

 演じるのは、海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の女戦士ブライエニー役のグェンドリン・クリスティー。体格も良く、いかにも強そうです…

BB-8はパペティア(人形師)が操作!

 また、デイジー・リドリーからは以下の証言が。

それに、たとえば新ドロイドのBB-8もパペティア(人形師)が操作していたから、彼の性格や生命をしっかりと感じられたわ。

 シーンによっても違うのでしょうが、BB-8はパペットのように操演されているのでしょうか…

 他にも、クリーチャーなども本当に撮影現場にいるので、『スター・ウォーズ』の世界観に入り込みやすかったという旨の発言をしています。

 やはり『フォースの覚醒』はオリジナルトリロジーの原点に立ち戻り、グリーンバックのCGを多用するのではなく、極力その現場に被写体が存在するような撮影をしているのですね。アナログの持ち味とCGの良い点を活かした映像に仕上がっていることを期待!

WEBだけではなく、映画雑誌にも重要情報あり!

 4月の来日時には、各メディアがキャスリーン・ケネディとデイジー・リドリーに独占インタビューをしていますが、ボバ・フェットの再登場を優先順位高めで検討していることなど、結構キャスリーン・ケネディが重要発言をしています。

 それらのインタビューが掲載されるのは映画雑誌が多かったりするので、WEBだけではなく雑誌も要チェックなのです!

 「FLIX(フリックス)2015年8月号」にはこの他、ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、デイヴ・フィローニ、ローン・ピーターソン、マシュー・ウッド、ジョージ・ルーカスといった『スター・ウォーズ』のスタッフ・キャストのこれまでのインタビューも掲載されています。

コメント

  1. […] ら、全然そんなことなくてビックリしました。マズ・カナタとキャプテン・ファズマは『エピソード8』と『エピソード9』でさらに活躍!ってブログがあったけど、どうなんですかね […]

  2. […] ら、全然そんなことなくてビックリしました。マズ・カナタとキャプテン・ファズマは『エピソード8』と『エピソード9』でさらに活躍!ってブログがあったけど、どうなんですかね […]