普段飛行機に乗らない人でも、マイルでANAに搭乗する方法【ANA『スター・ウォーズ』番外編】

C-3PO ANA JET スター・ウォーズ

 以前、「C-3PO ANA JET」搭乗レポートを書きましたが、今回はANA『スター・ウォーズ』コラボの番外編、いわばスピンオフ的なエントリーです。普段飛行機に乗らない人でも、現金を使わずにANAにマイルで乗る方法をご紹介します。『スター・ウォーズ』的ANAマイラーの道!

 「C-3PO ANA JET」に搭乗した際、マイルを交換した特典航空券を利用しました。

「C-3PO ANA JET」搭乗レポート!『スター・ウォーズ』コラボジェット全機集結も
ANA『スター・ウォーズ』特別塗装機「C-3PO ANA JET」の搭乗レポート!紙コップやエプロンなどの機内の見どころやグッズに加え、羽田空港で見られたANA『スター・ウォーズ』コラボジェット全機集結の模様もレポート。

 マイルで航空券を手に入れるとは飛行機に乗ることが多いんですね、と思われるかも知れませんが、私は常日頃からANAの飛行機に乗っているわけではありません。

 特典航空券と引き換えるまでのこの1年間を振り返っても、ANAに乗ったのは国内線を1往復したのみ。この時に獲得したマイルは、622マイルでした。

 これは「C-3PO ANA JET」に乗るために羽田⇔伊丹間の特典航空券と交換した15000マイルのうち、わずか4%ほどでしかなく、残りは飛行機に乗る事なくマイルを貯めました。

 そう、飛行機に乗らなくてもマイルは貯まるのです!

 それも、飛行機で得るよりも効率的に、日々の経済活動の中でマイルを貯めることが出来ます。私がいかにしてマイルによって実質無料で「C-3PO ANA JET」に乗ったのか、実践しているマイルを貯める方法をこれからご説明します。

スポンサーリンク

ANAマイルを選んだ理由は
もちろん『スター・ウォーズ』

BB-8 ANA JET スター・ウォーズ

 まず、そもそもANAマイルを貯めようと考えたのは、やはりANA「STAR WARSプロジェクト」の存在です。ANA『スター・ウォーズ』コラボジェットに乗りたい!ということが原動力になりました。JALではなく、ANAのマイルを貯めている理由はここにある…!

 とはいっても、ANA『スター・ウォーズ』コラボジェットに乗れるのは運が必要。「C-3PO ANA JET」は3月~4月に搭乗出来る便を公開してくれたおかげでスムーズにこれが実現出来ましたが、これはデビュー時だからこその特別な例。

 たとえANA『スター・ウォーズ』コラボジェットに乗れなかったとしても、「スター・ウォーズ セレブレーション」や、日本のパークにはない『スター・ウォーズ』のイベントやアトラクションを展開している海外のディズニーパークへの旅につながるかも、というのもマイルを貯めるモチベーションになっています!

 航空券が用意出来るなら、経済的な面での旅行へのハードルを下げることが出来ますよね(もちろん、海外旅行は経済的な問題だけではなく、スケジュールを取れるかどうかという問題も大きかったりはするのですが)。

飛行機に乗るよりも効率的!
日常生活でANAマイルを貯める方法

 それでは、飛行機への搭乗以外でマイルを獲得する方法をご説明します。カギになるのは、「クレジットカード」と「ポイントサイト」です。具体的には、クレジットカードやポイントサイトの利用で得たポイントを、ANAマイルに交換するという方法となります。

 マイルを貯めるには様々な方法がありますが、私がコンセプトとしているのは「普段の消費活動をする中で、様々なサービスのポイントを獲得し、そのポイントをマイルへと交換していく」というもの。

 ひとつずつご説明します。

クレジットカード

 まず挙げられるのは、クレジットカードを利用して得たポイントをマイルに交換すること。普段の買い物を現金ではなくクレジットカードを使ったり、公共料金などの毎月定額で支払っている固定費をクレジットカード払いにすることで、同じ金額のお金を消費しているのに自動的にポイントという形で還元を受けることが出来ます。

 支払う金額は同じでも、1%でもポイントが貯まるのであればクレジットカードを使った方がお得というもの。月々の固定費は、1度クレジットカード払いに設定すれば自動的にポイントが付いてきます。こうなると、意識せずとも気付けばポイントが貯められるので楽!

ポイントサイト

 ただ、クレジットカード決済で得られるポイントはどうしても限度があります。

 なぜなら支出に完全に依存してしまうからで、多くポイントを得ようとすれば必然的に多額のお金を使わなければなりません。

 例えば、利用額に対して1%のマイルがクレジットカードから得られるとして、100万円を決済すると1万マイルが発生しますが、これでようやくローシーズンの羽田⇔伊丹間の特典航空券がなんとか入手出来るという程度…

 レギュラーシーズンに日本から北米に行くためにはエコノミークラスでも5万マイルが必要ですが、500万円もクレジットカード決済しなくてはならないことになります…これが可能な方は、結構な収入をお持ちでしょう。

 ここまで多額のお金を使わなくても、マイルを得ることが出来るのが「ポイントサイト」と呼ばれるサービス。

 ポイントサイトとは、そのサイトのリンクを経由して他のショッピングサイトで買い物をするなどのアクションを行うと、そのサイトが発行するポイントを得ることが出来、これを換金など価値を持つものに交換することが出来るWEBサービスのことです。

『スター・ウォーズ』にお金を使う時にポイントをゲット!

 例えば『スター・ウォーズ』グッズを、楽天市場、Yahoo!ショッピング、ヤフオク、プレミアムバンダイ、ベルメゾンネット、デアゴスティーニなどで購入する時に、ポイントサイトのリンクを経由するだけでポイントが付与されます。

 ネットショッピングだけではなく、映画の前売り券やイベントのチケットを購入する際のチケットぴあ、『スター・ウォーズ』のグッズ付き前売り券や特典付きブルーレイを販売するセブンネットショッピング、映画を見る時のユナイテッド・シネマ、ムビチケ、『スター・ウォーズ』の映像配信を行っているU-NEXTを利用してもポイントが集まるなど、結構様々なサービスが少しお得になるのです!

外食やスーパー/コンビニでのお買い物モニターで、
飛行機に乗る以上のマイルを獲得可能

 ネットサービスだけではなく、以下のようなリアルな場でもポイントが集められます。

  • 普段のランチに行く外食で、価格の30~50%分のポイントをゲット!
  • スーパーやコンビニで菓子や飲料、ドラッグストアで日用品を購入して
    定価の100%分のポイントをゲット!

 例えば普段のランチで行く外食や、スーパーやコンビニで買うお茶などの飲料やお菓子などを購入した際に、その店舗や商品に対するモニターとしてアンケートに答えると、ポイントを入手することも出来るのです。

 普段、外食をする人にとっては支払ったお昼代や夜の飲み会代、カフェでの飲食費の一部がポイントで還元されるので、これだけでもお得感があります。

 しかも、得られるポイントは案件にもよりますが価格の30〜50%といった、大きな割合のポイントを得ることが出来ます!

 スーパーやコンビニで販売している商品の場合は、購入価格の100%が還元されることが多いです。つまり、普段から消費する食品や飲料、ドラッグストアで販売している商品などを実質無料で得ることが出来るのです。

 前述したように国内線を往復しても約600マイル程度しか得られませんが、この方法であれば外食やスーパー、コンビニを利用して買い物をするだけで、飛行機に搭乗した以上のマイルを獲得することが出来るため、消費した金額に対してマイルを得る効率がおそろしく良い方法なのです。

実践しているクレジットカードと
ポイントサイトのセッティング

 では、具体的に私がマイルを貯めるために使っているクレジットカードとポイントサイトのセッティングをご紹介します。

クレジットカード

ソラチカカード

 ANAマイルを貯めるための中心的な役割を担うのが、「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」。

 このソラチカカードは、他のポイントサイトで貯めたポイントを東京メトロのメトロポイントに交換し、これを0.9倍のレートでANAマイルへと交換することが出来ます。

 ポイントサイトで得たポイントを0.9倍のレートで交換出来るのはソラチカカードのみで、他のTo Me CARDは0.6倍と価値が減額してしまうのです。

 ソラチカカードの主な役割はこのメトロポイントを中継する機能ですが、この他にも東京メトロを利用するとメトロポイントが得られますし、オートチャージ機能があるので首都圏在住の方はあると便利。

 クレジットカードとして使えば、セブンイレブンやイトーヨーカドー、スターバックスなどでマイルを貯めることも出来ます。

 そして、『スター・ウォーズ』的に重要なのはJCBが東京ディズニーランドの「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」のオフィシャルスポンサーであるということ!

 ANAもJCBも、『スター・ウォーズ』をプロモーション使用している企業なので、キャンペーンなどに参加出来る可能性があります。

Extreme Card (エクストリームカード)

 とはいえ、ソラチカカードはクレジットカードとしてはあまり使わず、よりポイントを貯めやすい「Extreme Card (エクストリームカード)」をメインに使います。

 エクストリームカードで貯めたポイントは、Gポイントというポイントサイトに交換すると1.5倍という好条件のレートで交換出来ます。

 つまり、エクストリームカードで得たポイントを、Gポイント(1.5倍)⇒メトロポイント(1.0倍)⇒ANAマイル(0.9倍)と交換するわけなのですが、最終的には1.35倍というレートでANAマイルにすることが出来るのです。

 ただ、エクストリームカードはつい先日、新規入会受付が終了してしまいました…

 普段のクレジットカード決済の代替として考えられるのは「ANA VISAワイドゴールドカード」。マイルへの還元率の高さが大きな魅力です。

ポイントサイト

Gポイント

 ポイントサイトの中で最初にご紹介するのは、先ほどからその名前が出ているGポイント。前述したエクストリームカードを使用するなら、このサイトの登録が欠かせません。

Gポイント

 中継するだけではなく、もちろんWEBショッピングやサービスの利用、外食・商品モニターでポイントを貯められます。特に、ANA旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】を利用すると2000ポイントが得られるので、旅行の際に利用しています。

 上記のリンクから登録すると、50ポイントがプレゼントされます。

ファンくる

 外食モニターに特化したポイントサイトがファンくる。全国のレストラン、居酒屋、カフェといった店舗を利用し、アンケート調査に答えるとポイントを獲得することが出来ます。

 外食モニターは、価格の30〜50%といった使ったお金に対して大きな割合のポイントを得られるので重宝します。ランチなどで使うお金の一部が帰ってくるという感覚ですね。

ALOHA TABLE

 ポイントが貯まる店舗はその時によりますが、例えばハワイアンのALOHA TABLEもありますし…

てんや

 てんやのようなチェーン店もあります。

 また、継続性があるのも外食モニターの特徴。ポイントサイトでは、クレジットカードを発行すると多量のポイントを獲得出来ますが、そんなに何枚も持っていても…なので、継続的にポイントを得られる仕組みが合っていると思います。

 他のポイントサイトでも外食モニターに参加することは出来ますが、その大元はファンくるのシステムを使っており、情報がいち早く上がってくるのがこのサイトです。外食モニターは争奪戦になるので、大元であるファンくるを押さえておくと良いでしょう。

ハピタス

 ハピタスはポイントを得られる提携サービスの数が多く、何らかのネットサービスを利用する際に検索してみると、結構登録されています。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 また、1ポイント=1円とわかりやすいほか、交換も300ポイントから可能とハードルが低く、ネットサービスをよく使うなら利用しやすいポイントサイトです。

 上記のリンクから登録すると、30ポイントがプレゼントされます。

ちょびリッチ

 ちょびリッチも、ポイントを得られる提携サービスの数が多いサイトです。特にクレジットカードを新規登録する案件は、他のポイントサイトよりも高還元であることが多いです。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 また、ハピタスにはない商品・外食モニターの機能もあり、オールマイティなポイントサイトです。合わせて、ポイント交換時に得するキャンペーンも多く行っています。

ポイントタウン

 ポイントタウンは、東証一部上場のGMOグループが運営する老舗ポイントサイトです。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 特徴として、専用のツールバーをインストールすると、ポイントタウンと提携しているWEBサイトに直接アクセスして利用した時に、ポイントタウンを経由せずにポイントを獲得することが出来ます。利用するWEBサービスでポイントが貯まることを知らなくても、獲得出来ることを教えてくれるので取りこぼしを防げます。

ポイントインカム

 ポイントインカムは、ユナイテッド・シネマのチケットを購入する際の還元率が他のサイトよりも良いので、ユナイテッド・シネマで映画を見る時によく利用しています。

 また、商品モニターは各ポイントサイトで同一の商品の案件に参加することで、獲得出来るポイントを倍増することが出来るので、モニターのサービスを持つポイントインカムも利用します。

.money(ドットマネー)

 こちらは、上記のポイントサイトで集めたポイントをメトロポイントに交換する際に経由する中継ポイントサイトです。

 サイバーエージェントが運営している.money(ドットマネー)は、上記の中ではハピタスちょびリッチポイントインカムからポイントを交換し、メトロポイント⇒ANAマイルへと変換していきます。

PeX

 PeXも同じポイント中継に用います。こちらはファンくるポイントタウンから交換をしてきます。

 ポイントの交換には、交換手数料として50円相当のポイントが必要になるため、なるべく高額のポイントをまとめて換えた方がお得。

ANAマイルで、『スター・ウォーズ』を楽しもう!

STAR WARS ANA JET スター・ウォーズ

 駆け足になってしまいましたが、飛行機に乗らずにANAにマイルを貯める方法をご紹介しました。

 ANAの「STAR WARSプロジェクト」は、2020年3月まで継続されます。

 さらに、2019年にはカリフォルニアのディズニーランドとフロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにて『スター・ウォーズ』テーマランドがオープンしますし、次回の「スター・ウォーズ セレブレーション」も2019年に開催されます。

『スター・ウォーズ』ランド映像/ストーリー公開&「スター・ツアーズ」に『最後のジェダイ』のあのシーンが追加!
『スター・ウォーズ』のテーマランドのメイキング映像とストーリーの一部が公開。また、「スター・ツアーズ」に追加される『最後のジェダイ』からの新シーンは、初登場の惑星クレイトであることが判明しました。

 あと2年あれば、今からマイルを貯め始めても遅くはない!

 近場なら、香港や上海のディズニーランドでも『スター・ウォーズ』体験が出来ますね。

 私は、3月にマイルを使用しましたがもう2万マイルほどが貯まっており、また特典航空券に交換する時を目指しています。

 いつでも、何かを始めるのに遅すぎるということはないのです。こちらの記事が、ANAマイルゲットの参考になれば幸いです!

スポンサーリンク
普段飛行機に乗らない人でも、マイルでANAに搭乗する方法【ANA『スター・ウォーズ』番外編】
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連記事