「スター・ウォーズ アンソロジーシリーズ」2作目の監督から『クロニクル』ジョシュ・トランクが降板

 『スター・ウォーズ』スピンオフ映画シリーズである「スター・ウォーズ アンソロジーシリーズ」第2作目の監督を務める予定だった『クロニクル』のジョシュ・トランクが、本作から降板することが正式に発表されました。

Josh Trank Departs Star Wars Anthology Film | StarWars.com

 ジョシュ・トランクは発表の中で降板の理由を、才能あるルーカスフィルムの人々と製作が出来たことは光栄で感謝しているものの、「個人的な決断」で異なる道を選んだとし、心の奥底でオリジナルで創作出来る機会を求めていたことを理由に挙げています。

スポンサーリンク

『ファンタスティック・フォー』製作での
トラブルが原因か

 ただ、「スター・ウォーズ アンソロジーシリーズ」第2作目監督からのジョシュ・トランク降板劇には、全米では7月30日公開、日本では今年秋公開のリブート版『ファンタスティック・フォー』を監督した際のトラブルが要因であるとThe Hollywood Reporterが報じています。

Inside a ‘Star Wars’ Firing: ‘Fantastic Four’ Problems Led to Director Josh Trank’s Ouster – Hollywood Reporter

 『ファンタスティック・フォー』の製作で、ジョシュ・トランクは明確な進行が出来なかったり、打ち解けられず孤立したことなどもあり、結果として、公開まで3カ月前の4月末に追加撮影を行う事態となってしまったようです。

 これが信用の問題となってしまい、ルーカスフィルムは「スター・ウォーズ アンソロジーシリーズ」2作目の監督からジョシュ・トランクを降板させることにしたというのが、情報源からの話ということです。

 「スター・ウォーズ アンソロジーシリーズ」2作目だけではなく、なんだか『ファンタスティック・フォー』のデキまで心配になってしまう話ですが…

映画『ファンタスティック・フォー』オフィシャルサイト 2015 秋

 ジョシュ・トランクは初の長編映画である『クロニクル』、『ファンタスティック・フォー』の他にはTVシリーズやインディペンデント映画しか撮っていないので、いきなり『クロニクル』で脚光を浴びた勢いで大手スタジオのブロックバスター映画を任せられたプレッシャーの中、ハリウッドの壁にぶつかってしまったのかも知れません。

「スター・ウォーズ アンソロジーシリーズ」
2作目の監督は誰に?ボバ・フェットの
オリジンストーリーになる噂も

 実際のところは推測するしか出来ませんが、ジョシュ・トランクが監督から降板してももちろん、「スター・ウォーズ アンソロジーシリーズ」2作目の製作は継続されることが発表されています。

 となると、ジョシュ・トランクを引き継いで「スター・ウォーズ アンソロジーシリーズ」2作目の監督が誰になるのかが、今後の話題となりますね…

 「スター・ウォーズ ローグ・ワン」の監督のギャレス・エドワーズも初の長編映画『モンスターズ / 地球外生命体 [Blu-ray]』で注目され、有名フランチャイズ映画の超大作『GODZILLA ゴジラ』の監督となるという経歴なので、「スター・ウォーズ アンソロジーシリーズ」はこうした新鋭監督を起用する傾向にあるのですが、方向性としては、引き続きこうした新しい可能性を持つ監督を探していくのではないでしょうか。

スピンオフ映画「スター・ウォーズ ローグ・ワン」のストーリーが判明!デス・スター設計図奪取を描く
 ハリウッド版『ゴジラ』のギャレス・エドワーズが監督する『スター・ウォーズ』スピンオフ映画第1作「ローグ・ワン(Rogue One)」につい...

 はたして「スター・ウォーズ アンソロジーシリーズ」2作目の監督は一体、誰になるのか…そして、ジョシュ・トランクが監督になることが発表されてから1年近く経つので、ある程度製作準備は進んでいたかと思いますが、今回の降板劇は映画の内容にどこまで影響があるのでしょうか…

 ジョシュ・トランク降板のニュースの直後、「スター・ウォーズ アンソロジーシリーズ」2作目はボバ・フェットのオリジンを描くストーリーという話が再浮上していますが、はてさて。

‘Star Wars’ 2nd Anthology Film Will Be Boba Fett’s Origin Story – TheWrap