R2-D2役ケニー・ベイカーを悼む、『スター・ウォーズ』関係者のメッセージの数々

 『スター・ウォーズ』シリーズでR2-D2を演じたケニー・ベイカーさんが逝去されました。81歳でした。

 現地時間8月13日(土)の朝に、イギリスのプレストンの自宅で亡くなっているのを、世話をしていた甥に発見されたとのことです。

 『スター・ウォーズ』のオリジナルキャストの方が、またお一人、旅立ってしまいました。

スポンサーリンク

ケニー・ベイカーさんとお会いした夏の日のこと

R2-D2役 ケニー・ベイカー サイン会

 個人的には、11年前の夏にケニー・ベイカーさんが来日された際のサイン会でお会いしたことがあります。

ケニー・ベイカー/ジェレミー・ブロック サイン会&KDDI DESIGNING STUDIOイベント
 ASTRO MIKEにて行われた、ボバ・フェット役のジェレミー・ブロック氏とR2-D2役のケニー・ベイカー氏のサイン会に行ってきた!13時...

 サイン会会場に着くまでの、あのケニー・ベイカーさんとお会いできる!というドキドキと、実際にお会いした時の興奮はいまだによく覚えています。

 不思議なもので、湿気が多めでくもりがちな夏特有のその日の天気や空気の感じとか、行く道中で知人に偶然会ったとか、印象的な出来事があると結構細かいところまで記憶が残るものなんですね。

スター・ウォーズ コレクションカードゲーム サイン

 「I’m very pleased to see you.」とお会い出来て光栄であることをお伝えした時、「Thank you」とおっしゃって頂いた、少ししゃがれた声が今も耳に残ります。

『スター・ウォーズ』シリーズでの
ケニー・ベイカー

 3フィート8インチ(約112センチ)の身長を活かして、ケニー・ベイカーさんは1977年に『スター・ウォーズ』(『エピソード4/新たなる希望』)にR2-D2役で出演。

 以降、2005年の『エピソード3/シスの復讐』までR2-D2役としてクレジットされています。

 2015年の最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は出演者としてクレジットされていませんが、「R2–D2コンサルタント」としてクレジットされています。しかし、『フォースの覚醒』のワールドプレミアには体調の問題で出席出来ませんでした。

 また、『エピソード6/ジェダイの帰還』ではイウォークのパプルー役としても出演しています。パプルーは、盗んだスピーダーバイクを乗り回すシーンでもおなじみですね。

ケニー・ベイカー プロフィール

 ケニー・ベイカーさんは、1934年8月24日にイギリスのバーミンガムで誕生(まもなく82回目の誕生日でした)。音楽を愛する一家に生まれ、16才でパフォーマンス活動を開始。

 サーカスなどのほか、『スター・ウォーズ』のR2-D2役にキャスティングされる頃にはジャック・パーヴィスさんと「ザ・ミニトーンズ(The Mini Tones)」というコンビを組んで活動していました。

 ジャック・パーヴィスさんは、ケニー・ベイカーさんと共に『スター・ウォーズ』シリーズに出演しており、『エピソード4/新たなる希望』でのジャワ、『エピソード5/帝国の逆襲』のアグノート、『エピソード6/ジェダイの帰還』でティーボを演じています。

 ちなみに、『スター・ウォーズ』のR2-D2役にキャスティングされた時(1976年)、ケニー・ベイカーさんは42歳だったんですね!

 ケニー・ベイカーさんは『スター・ウォーズ』シリーズのほか、『エレファント・マン』、『バンデットQ』、『ウィロー』、『フラッシュ・ゴードン』、『アマデウス』、『ラビリンス 魔王の迷宮』などに出演。80年代のSF/ファンタジー映画に数多くキャスティングされています。

『スター・ウォーズ』関係者の追悼メッセージ

 この悲しいニュースが発表されて以降、多くの著名人がケニー・ベイカーさんを追悼するメッセージを発信しています。

ジョージ・ルーカス

 starwars.comからは、ジョージ・ルーカスさんのメッセージが発表されています。

ケニー・ベイカーは、難しい状況の下でいつも熱心に働いた驚異的なトルーパーというだけではなく、真の紳士だった。
才能あるボードビリアンで、いつもみんなを笑わせることが出来るケニーは、本当にR2-D2の心と魂であり、彼のファンと彼を知るすべての人に惜しまれるだろう

マーク・ハミル

 ルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミルさんは、ケニー・ベイカーさんの楽天的で、意志が強いところが大好きで「彼こそが探していたドロイドだった!」とツイート。

 ルークと共に数々の冒険を繰り広げたR2-D2。ケニー・ベイカーさんと共演する機会が多かったマーク・ハミルさんならではのメッセージです。

アンソニー・ダニエルズ

 R2-D2の相棒といえば、C-3PO。C-3POを演じたアンソニー・ダニエルズさんも、ケニー・ベイカーさんを悼み「彼はこれからも、たくさんのファンに記憶されていくことだろう」とつづっています。

デヴィッド・プラウズ

 『スター・ウォーズ』オリジナル・トリロジーでダース・ベイダーを演じたデヴィッド・プラウズさんは、自身とケニー・ベイカーさんとの身長差がすごい写真と共にメッセージをつづっています。

 また気になるのが、デヴィッド・プラウズさんが健康上の問題により海外でのイベント参加が出来ないことを表明していること…サインの購入は、引き続きWEBサイトから出来るようになっています。

20世紀フォックス映画

 『スター・ウォーズ』を配給した20世紀フォックス公式Twitterアカウントも、ケニー・ベイカーさんを追悼。

ワーウィック・デイヴィス

 ケニー・ベイカーさんと同じく小人症の俳優であり、『スター・ウォーズ』シリーズでイウォークのウィケットをはじめとして様々なキャラクターを演じているワーウィック・デイヴィスさん。

 小人症の俳優の偉大な先人として、道を切り拓いたケニー・ベイカーさんを称えています。ワーウィック・デイヴィスさんも、主に小人症の俳優が所属するウィロー芸能事務所を経営し、さらなる発展に貢献しています。

ユアン・マクレガー

 『スター・ウォーズ』プリクエル・トリロジーでオビ=ワン・ケノービを演じたユアン・マクレガーさんも、悲しみと共にケニー・ベイカーさんと共演出来てとても素晴らしかったという旨のツイートをしています。

ダニエル・ローガン

 『エピソード2/クローンの攻撃』でボバ・フェットを演じたダニエル・ローガンさんは、ケニー・ベイカーさんとの2ショット写真とメッセージをツイート。

 一緒にコンベンションイベントなどに参加することも多かったでしょうね。

グェンドリン・クリスティー

 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でキャプテン・ファズマを演じたグェンドリン・クリスティーさんも、ケニー・ベイカーさんへの追悼メッセージを発信しています。

 直接の共演はないものの、ケニー・ベイカーさんと会ったことがあるのですね。

サイモン・ペッグ

 『スター・ウォーズ』ファンであり、『フォースの覚醒』ではアンカー・プラット役で出演も果たしたサイモン・ペッグさんは、公式Twitterアカウントにてタトウィーンの二重太陽の夕陽を見つめるR2-D2の絵を投稿。

 このニュースを聞いた後では、さびしさや悲しさを感じる1枚です。

ケヴィン・スミス

 『スター・ウォーズ』ファンであり、『フォースの覚醒』ではストームトルーパーの声を演じたケヴィン・スミスさんは、7歳の時にR2-D2を演じたケニー・ベイカーさんの名前を覚えたそうで、家族を失ったような感覚だと語っています。

ゲイリー・ウィッタ

 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の脚本に関わったゲイリー・ウィッタさんは、子どもの時にケニー・ベイカーさんが出演した『スター・ウォーズ』と『バンデットQ』に大きな影響を与えられたとのこと。

カイル・ニューマン

 『ファンボーイズ』の監督として知られるカイル・ニューマンさんは、ケニー・ベイカーさんの紳士っぷりを称えます。

 こうした数々のコメントで語られている通り、ケニー・ベイカーさんはいつまでも『スター・ウォーズ』ファンの心に残り続けることでしょう。