スター・ウォーズ3D版、2012年から公開が正式発表

 starwars.comより。
 
 ずっと、この時を待っていた・・・ついに、正式発表です!

 『スター・ウォーズ』全六部作の3D版が劇場公開されることが、ルーカスフィルムより公式に発表されました!

 デス・スターでのXウィングとタイファイターの飛び出すドッグファイト!大迫力のスターデストロイヤー!小惑星帯でのチェイス!ポッドレース!スピーダーバイク!などなど、挙げていけばキリがありませんが、あのシーンがスクリーンから飛び出したり、より奥行きを感じたり出来る、新しい『スター・ウォーズ』体験が待っているのです。

スポンサーリンク

『スター・ウォーズ』3D化実現までの経緯

 『スター・ウォーズ』3D化の話は、2005年の『エピソード3 シスの復讐』公開時より度々ささやかれていましたが(当時の記事参照)、3D対応劇場の数が少ないという問題もあり、実際の公開は難航。

 デモ版が製作され、CEATEC JAPAN 2007などで上映されるなど、技術的に可能なレベルになっていることはわかるものの、その後なかなか具体的な話が出てきませんでした。

 しかし、昨年から『アバター』の大ヒットに代表される3D映画の波が到来し、作品の数と劇場数が世界中で飛躍的にアップ。

 『アリス・イン・ワンダーランド』、『トイ・ストーリー3』と、日本で今年100億円を超えた洋画作品が3D上映だったことからもわかるように、映画業界も魅力的な3D作品で集客をしたい狙いがあります。

 今夏は3D家電の普及も始まり、家で3Dが楽しめる時代に。劇場公開後には、ブルーレイなどで家庭でも3D映画が楽しめるので、映画館だけではなく2次使用でもビジネスチャンスが出てきました(家で飛び出す『スター・ウォーズ』が見られると聞いて、買わないファンはいない)。

 ブルーレイなどの市場も成熟し『スター・ウォーズ』3Dをやるには、まさに機は熟したということでしょうか。

2012年『エピソード1/ファントム・メナス』3D公開
日本公開はどうなる

 3D版『スター・ウォーズ』サーガは、ルーカスフィルム提供、20世紀フォックス配給、そしてもちろんILMが、オリジナルの2D素材を3Dにコンバートするこのプロジェクトを手掛けます。

 公開予定は、まず2012年に『エピソード1 ファントム・メナス』3Dが公開。その後、全6作を順次公開となります。

 そして日本での上映ですが、まず間違いなく公開されるでしょう。2012年にはおそらく今以上に3D上映劇場が増えていると予想されるので、これまでの『スター・ウォーズ』シリーズに匹敵するほどの公開規模で上映されると思われます。

再び映画館で『スター・ウォーズ』が見られる!

 starwars.comのトップでは、大々的に3D版『スター・ウォーズ』の決定を告知。告知画像は3パターンあるようです。

 また、starwars.comでは、ILMビジュアルエフェクトスーパーバイザーのジョン・ノールが3Dコンバージョンについて語るビデオも公開されています。

 ド迫力の3D映像であること間違いなしの『スター・ウォーズ』3D版が、いよいよ楽しめる!そして、また映画館で『スター・ウォーズ』が見られるという事実!公開時は絶対世間も盛り上がる!あぁ、何が何でも見るぞ!

スポンサーリンク
スター・ウォーズ3D版、2012年から公開が正式発表
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連記事

コメント

  1. summer2005 より:

    投稿者:summer2005 2010/10/1 0:32
    >takoさん
    今回のSW3Dは、3Dだけではなく映画館でSWが見られるという点もポイントですよね。

    ぜひこれを機に、サーガ全体を映画館で体験してもらいたいです!

    そう、まさに『SW特別編』の予告が現実になりましたよね。
    SW3Dの予告は、テレビではなく映画館のスクリーンから飛び出すXウィングになったりして(笑)

    http://www.starwarsblog.jp/

    投稿者:tako 2010/9/30 18:12
    祝!公式発表ですね

    私がスター・ウォーズに興味を持ち始めたのはEPⅡの公開時だったので、実際に劇場で観たのは2作品だけなんです・・・。
    6部作をついに劇場で、しかも3Dで観れるということで本当にうれしい限りです!

    スター・ウォーズトリロジーの予告編でテレビからXウィングが飛び出るシーンがありましたが、それが文字通りの意味で実現するわけですね。スターウォーズ好きでよかった!!!