ベルメゾンネット

「名将MOVIE REALIZATION 槍足軽ストームトルーパー」独創的な造形アレンジの工夫とは!バンダイにインタビュー

icon
icon

 バンダイの和風アレンジ『スター・ウォーズ』フィギュアシリーズ「名将MOVIE REALIZATION」より、「魂ウェブ商店」限定の「名将MOVIE REALIZATION 槍足軽ストームトルーパーicon」が現在予約受付中です。

 「名将MOVIE REALIZATION」は、映画のキャラクターを戦国武将をイメージしてアレンジしたフィギュアシリーズ。デザインアレンジは、『牙狼-GARO-』などの雨宮慶太作品や、『シン・ゴジラ』をはじめとする特撮作品の造形・デザインで知られる竹谷隆之氏が担当しており、2014年より様々な『スター・ウォーズ』キャラクターをインパクトあるアレンジで展開しています。

戦国武将風ダース・ベイダーがフィギュアに!侍大将ダース・ベイダー、予約開始
 魂ネイションズ スターウォーズ スペシャルページより。  バンダイから発売となる和風アレンジの『スター・ウォーズ』フィギュア「名...
足軽ストームトルーパーが予約開始!和風アレンジ『スター・ウォーズ』フィギュア第2弾
 バンダイから発売される和風アレンジ『スター・ウォーズ』フィギュア「名将MOVIE REALIZATION 足軽ストームトルーパー」...

 映画をモチーフにして、日本最高峰の造形による「和」のアレンジを加えた独創性のある唯一無二のシリーズとして評価され、日本おもちゃ大賞2016ではハイターゲット・トイ部門優秀賞を受賞しています。

 この槍足軽ストームトルーパーは、足軽らしく陣笠をイメージさせる頭部となっており、トルーパーの身長に対してかなり長く、持たせた時によく映える槍が特徴。また、帝国軍マークの家紋がデザインされた旗パーツも付属し、背面に装備させることも可能となっています。

 この「名将MOVIE REALIZATION 槍足軽ストームトルーパー」、またこのシリーズの造形アレンジの裏側を中心に、株式会社バンダイ コレクターズ事業部のご担当の方にお話を伺いました!

スポンサーリンク

「名将MOVIE REALIZATION」について
バンダイのご担当に聞いてみた

icon
icon

―― フィギュアの本体は、これまでの足軽ストームトルーパーと基本的には同じものなのでしょうか?

バンダイ 頭部の陣笠風のアレンジや、帝国軍のマークがあしらわれた胸板は、「弓足軽ストームトルーパー」と同じデザインになっています。また、「太鼓役ストームトルーパー」のように、背中には旗を装備できるようになっております。

―― ストームトルーパーの特徴を捉えつつ、日本の甲冑としてのリアルさも感じられるフィギュアですが、造形にあたって参考にされた武将の鎧などはございますか?

バンダイ 「名将MOVIE REALIZATION」『スター・ウォーズ』シリーズ全体を通して、特定の武将の甲冑をトレースすることはしていません。

 さまざまな形式の武具から、ダース・ベイダーやストームトルーパー、ボバ・フェット、ジャンゴ・フェット、ダース・モールなど個々のキャラクターの劇中の役割やイメージに合う要素を組み合わせたり、アレンジを施したりして竹谷隆之氏にイラストを起こして頂いています。

 ストームトルーパーの場合は比較的シンプルな仏胴にしたり、今回の槍足軽のように足軽っぽく陣笠をかぶせてみたタイプもあります。

名将ムービーリアライゼーション スター・ウォーズ 浪人 ボバ・フェット 約170mm ABS&PVC製 塗装済み 可動フィギュア

 ボバ・フェットには、鉄砲に長けた傭兵部隊・雑賀衆を彷彿とさせる「雑賀兜」がピッタリなのでは、ということでこうしたデザインになったとのことです。そうやって考えていくと、キャラクターのイメージに合ってくるので、和風にアレンジされていながらも、違和感のないデザインになっていきます。

 SFアレンジが強すぎても戦国らしさと離れてしまいますし、和が強すぎても『スター・ウォーズ』らしさが損なわれてしまうので、竹谷氏には絶妙なさじ加減でデザインをして頂いています。

icon
icon

―― 槍足軽 ストームトルーパーが持っている槍は、サンドトルーパーがデューバックに乗る際の杖に似ていますが、こちらをモチーフにしたものでしょうか?

バンダイ 特に意識をしているわけではなく、ストームトルーパーが、もし戦国時代の日本に訪れて武器に槍を選んだら、こういうものを選ぶだろうなという観点でデザインして頂きました。

―― 日本ならではのアレンジなので、海外ファンからも注目が集まっているシリーズですが、今後海外での販売の予定はございますか?

バンダイ 「名将MOVIE REALIZATION」シリーズは既に北米を中心に海外で販売しており、多くの海外の方からご好評いただいています。

名将 MANGA REALIZATION スパイダーマン 侍スパイダーマン 約180mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

 New York Comic Con 2017では、「名将MANGA REALIZATION 侍スパイダーマン」のコスプレをしてくださったファンの方がいらっしゃって、とても嬉しく思いました!

―― 名将MOVIE REALIZATIONのこの他の最新ラインナップ教えてください。

名将MOVIE REALIZATION  スター・ウォーズ(STAR WARS) 浪人 ジャンゴ・フェット 約175mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

バンダイ 今月「名将MOVIE REALIZATION 浪人 ジャンゴ・フェット」が発売したばかりです。発売中の「名将MOVIE REALIZATION 浪人ボバ・フェット」への流れを感じさせるベースデザインながらも、ボバ・フェットのアーミーな印象がそぎ落とされ、オリジナルらしい洗練した武装に仕上がっています。いぶし銀らしい塗装にもご注目ください。

名将MOVIE REALIZATION スター・ウォーズ(STAR WARS) 僧兵 ダース・モール 約190mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

 来月11月には、完全新規造形の「名将MOVIE REALIZATION 僧兵 ダース・モール」が発売予定です。彼の特徴的なライトセーバーは「双刀薙刀」にアレンジされ、2種の形態が楽しめます。ダース・モールの強さを感じる顔つきを追求しているので、手に取ってお楽しみいただきたいです。

―― 今後の同シリーズの新商品ラインナップで発表出来るものがございましたら、お教え頂ければと思います。

バンダイ 12月に開催予定の東京コミコンに魂ネイションズが出展予定です。ブースでは、「名将MOVIE REALIZATION」や「名将MANGA REALIZATION」を新作も含めて展示予定ですので、ぜひお越しください!

東京コミコン 魂ネイションズ

 なんと、「名将MOVIE REALIZATION」の造形や最新ラインナップについてだけではなく、東京コミコン2017でのブース出展情報まで教えて頂けました!

 昨年2016年に開催された東京コミコンでも、様々な最新商品や参考出品のフィギュアをブースで展示されていました(上記の写真は昨年のものです)。東京コミコン2017での魂ネイションズブースも期待大ですね!

 「名将MOVIE REALIZATION 槍足軽ストームトルーパーicon」は一般販売店での取り扱いはなく、バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」の「魂ウェブ商店」のみで受注受付中。価格は8,856円(税込)で、2018年4月発送予定です。

プレミアム バンダイ

記事作成ご協力:株式会社バンダイ