ベルメゾンネット

Star Wars 1313 予告編公開!『ブレードランナー』チックなコンセプトアートも

 theforce.netより。

 『スター・ウォーズ』新作ゲーム「Star Wars 1313(「スター・ウォーズ サーティーンサーティーン」)」の予告編が公開!

スポンサーリンク

CG映画のような美麗ムービー!

 夕暮れのコルサントの地表から、下層区域のレベル1313へと下降していくクルーザー。突然、別の宇宙船からドロイド・コマンドーのような敵が乗り込み強襲してくる!続く銃撃戦、爆発、そして炎上するクルーザーからの脱出・・・

 しばらくの暗転の後に現れるのは、表面部のようにビルとスピーダーが飛ぶエアレーンがあるものの、その全てが暗いコルサントの下層区域・・・

 ビジュアルは、もはやゲームではなくCG映画なのではないかというくらい美麗。コルサントの地表でのシーンは、『スター・ウォーズ』本編と変わりない印象です。

 ただ『スター・ウォーズ』の世界観を踏襲しているものの、全体的な印象はこれまでのゲームやスピンオフと一味違うハードなテイスト。ともすれば、別のサードパーソン・シューティングにも見えてしまいそうですが・・・

「Star Wars 1313」コンセプトアート

 また、roqoodepot.comでは「Star Wars 1313」のコンセプトアートが公開されています。

 おそらくはコルサントの下層区域、レベル1313の様子を描いたコンセプトアートは、『エピソード2 クローンの攻撃』でのコルサントの歓楽街の様子とも異なった情景。

 暗黒街にたむろする様々な人々、そして暗い路上に輝くネオンと、建物の間にはゴチャゴチャした電線が垂れ下がり、スモークのような霧がかった東南アジアを彷彿とさせるような路上で・・・って、まるで『ブレードランナー』じゃん!

 やはりSFの暗い都市のイメージって『ブレードランナー』が強いんでしょうね・・・

 「Star Wars 1313」の中で、「強力わかもと」のようなオリエンタルな広告や、主人公がエビ天のようなものを4つ頼んで店のおやじに「二つで充分ですよ」と諭されるシーンなどが出てこないことを祈ります・・・

スポンサーリンク
Star Wars 1313 予告編公開!『ブレードランナー』チックなコンセプトアートも
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連記事