スター・ウォーズ、ガン撲滅チャリティ活動「Use the Force for Good」

 Stand Up To Cancerより。

 「スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX」の発売を記念して、ガン撲滅のための研究を支援すべく資金を募る運動「スタンド・アップ・トゥ・キャンサー(SU2C)」を『スター・ウォーズ』が支援する活動「Use the Force for Good」が展開されています。

 「Use the Force for Good」のプロモーションビデオは、『スター・ウォーズ』パロディを豪華キャストが演じていることで話題に。

 『グリーン・ホーネット』に出演した他、『ファンボーイズ』では『スター・ウォーズ』ファンとトレッキーの一人二役を演じたセス・ローゲン、『アメイジング・スパイダーマン』のヒロインであるエマ・ストーン、そしてサミュエル・L・ジャクソンなどが出演!

 特にエマ・ストーンは、レイア、ルーク、チューバッカなど複数キャラのモノマネを披露!レイアは口調も似ていました。出過ぎでしょ!一気に親近感が上がった!また、サミュエル・L・ジャクソンは『帝国の逆襲』のダース・ベイダーをモノマネ。メイスがベイダーですよ!

スポンサーリンク

チャリティー・オークションなども開催

 また、ebayともコラボレーションし、チャリティー・オークションを展開。フォルクスワーゲンのスター・ウォーズ・エディション(アメリカのみ)、完売してしまった来年開催の「スター・ウォーズ セレブレーションⅥ」のVIPペアチケットなどが出品。

 さらに、ジョージ・ルーカスをはじめとした映画監督とのディナー権も出品!ジョージ・ルーカス、フランシス・フォード・コッポラ、ジョン・ラセター、クリス・コロンバス、フィリップ・カウフマンという錚々たる面々とサンフランシスコ近郊で今年中に食事をするというもの。これはすごい・・・

 これらのオークションの収益の全額が「スタンド・アップ・トゥ・キャンサーに寄付されます。ebayではこの他にも、トリビアクイズや『スター・ウォーズ』に関する写真が投稿出来るコーナーも設置。

 メジャーリーグでも、コラボレーションイベントStar Wars NIGHTを開催。ニューヨーク・メッツの本拠地シティ・フィールドで行われたイベントでは、メッツの五十嵐亮太投手も出演

 Stand Up To Cancerのサイトでは、プロモーションビデオ出演者も着ているオリジナルTシャツを販売しており、購入することで誰でも活動を支援出来ます。

 さすがアメリカ、チャリティ活動の規模が大きく多角的です。『スター・ウォーズ』ファンにとっても楽しい展開なので、多くの関心を寄せることが出来るのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スター・ウォーズ、ガン撲滅チャリティ活動「Use the Force for Good」
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連記事