『スター・ウォーズ』で使用されたカメラ、オークションで史上最高額に

 シネマトゥデイより。

 『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』で使用されたカメラが、アメリカのビバリーヒルズで行われたハリウッド記念品コレクションのオークションで62万5000ドル(約5000万円)で落札されました。

スポンサーリンク

撮影カメラとアクセサリー類のセット

 オークションに出されたのは、パナビジョンPSR35MIMカメラとアクセサリー類のセットで、レストアされているため、すぐに使用できる状態になっているとのこと。出品したのは、映画『雨に唄えば』などで知られる俳優デビー・レイノルズですが、落札者は非公開となっています。

『スター・ウォーズ』関連オークションの
史上最高額を更新

 過去の『スター・ウォーズ』関連グッズでの最高落札額は、撮影で使用されたタイ・ファイターの模型の40万2500ドルで、今回のオークションで史上最高額を更新。さらに、映画撮影用カメラとしても、史上最高額となります!

 このカメラで『スター・ウォーズ』の名シーンが撮られたと思うと、感慨深いですね。未だ現役ということで、『スター・ウォーズ』に続いて新たな作品を作るも良しですが、落札したのは一体どういう人なんでしょうねぇ・・・

スポンサーリンク
『スター・ウォーズ』で使用されたカメラ、オークションで史上最高額に
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連記事