「スター・ウォーズ エピソード9」公開日、2019年5月24日に決定!「インディ・ジョーンズ5」は2020年公開へ

スター・ウォーズ エピソード9 ロゴ

 「スター・ウォーズ エピソード9」の全米公開日が、2019年5月24日となったことがウォルト・ディズニー・カンパニーとルーカスフィルムから発表されました!

 「スター・ウォーズ エピソード9」は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』からの3番目の三部作の最終章となります。監督は、『ジュラシック・ワールド』のコリン・トレボロウ。

スポンサーリンク

ホリデーシーズン公開は『最後のジェダイ』まで?

 2018年5月25日(金)に公開されるハン・ソロスピンオフ映画に続き、「スター・ウォーズ エピソード9」もアメリカでの映画のサマーシーズンにあたる初夏公開となりました!

 『フォースの覚醒』以降の『スター・ウォーズ』シリーズは、クリスマス時期のホリデーシーズンの公開となってきましたが、どうやらクリスマス公開作品は『最後のジェダイ』までとなり、ハン・ソロスピンオフ映画からは『スター・ウォーズ』六部作でおなじみの伝統的なサマームービーに戻るようです。

 やはり『スター・ウォーズ』というと、これまでの夏映画というイメージが強いので「『スター・ウォーズ』の夏が帰ってきた!」という感じです。

 ただ、ホリデーシーズン公開は玩具などギフト商戦のセールスに適している時期であり、『フォースの覚醒』以降成功している印象があったので、これをずらしてまで公開時期のタイミングを変えた理由と、今後のマーチャンダイジングのスケジュールが気になるところです。

 おそらく、『スター・ウォーズ』新作映画関連グッズの発売解禁イベント「フォースフライデー」もハン・ソロスピンオフ映画以降は、従来の秋ではなく冬頃になるのではないでしょうか。

「エピソード9」日本公開日はどうなる?

 さらに気になるのは、「スター・ウォーズ エピソード9」の日本公開日。

 5月公開だった『スター・ウォーズ』六部作は、いずれも日本の夏休み興行に合わせて7月公開となっていました。これは、日本では大作映画は夏休みに合わせて公開した方が集客が良いためです。

 「エピソード9」の日本公開が、『フォースの覚醒』以降の作品のように日本を含む全世界同時公開となるのか、日本ならではの夏休み公開となるのか、その動向に注目です。

今後の『スター・ウォーズ』
映画公開スケジュール(2017年4月最新版)

 今回発表された「スター・ウォーズ エピソード9」の公開日を更新した、今後の『スター・ウォーズ』映画公開スケジュールは以下となります。

■2017年12月15日(金):『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』公開
■2018年5月25日(金):「アンソロジーシリーズ」ハン・ソロスピンオフ映画公開
■2019年5月24日(金):「スター・ウォーズ エピソード9」公開

「インディ・ジョーンズ5」は2020年7月10日公開

 また、ルーカスフィルムのもうひとつの大作「インディ・ジョーンズ5」は、当初2019年公開予定とされてきましたが、2020年7月10日公開と発表されました。公開が予定よりも1年ほど延期されたことになります。

 合わせて、2020年公開の『スター・ウォーズ』シリーズの映画については今回発表がありませんでした。

 この他、注目のディズニー映画の公開日は「トイ・ストーリー4」が2019年6月21日、実写版「ライオンキング」が2019年7月19日、「アナと雪の女王2」が2019年11月27日と発表されています。