ベルメゾンネット

『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』3D版、ポスター公開!

 starwars.comより。

 『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』3D版のポスターが公開されました!

 ポスターは、ダース・モールがメインでオビ=ワン、ヨーダ、R2-D2が脇に、ポッドレーサーが下部に、そしてダース・シディアスが背景にデザインされており、全て実写となっています。

 個人的な第一印象としては、実写を使っていることもあってファンアートのような軽さを感じました・・・ヨーダはブルーレイ版のCGになっていることから、単純なリバイバルではなく少なくとも2011年ブルーレイ版の素材を使うか、3D化にあたって追加・修正したこれ以上のバージョンを上映することになるでしょう。

 また、ポスターには2Dでの上映も表記されているので、3D・2D同時公開ということも判明。2D版も見なければならないなぁ・・・

スポンサーリンク

10月21日より、アメリカで予告編公開

 ポスターが公開したとなれば、気になるのは予告編。アメリカでは、10月21日に公開される『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』の上映前で見られます!おそらく、インターネットでもこれ以降に公開されるでしょう(3Dで見られるのは映画館だけでしょうが)。

 日本での予告編上映時期は不明ですが、少なくともお正月映画までに公開される3D映画に付くのではないでしょうか。ちなみに、『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』の日本での公開は10月28日(金)となっています。

 BleedingCool.comによると『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』3D版の本編制作作業は終了しているとのこと。

「クローン・ウォーズ」にも登場するダース・モール

 『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』3D版のポスターのメインとなったダース・モールは、やはり『エピソード1 ファントム・メナス』を代表するキャラクターですが、なんと「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」にも今後登場する模様!『エピソード1』よりも角が長くなっていますが、はたしてダース・モールは生きていたのか?それとも回想シーンなどの登場なのか?期待ですね・・・

 アメリカでは、2月10日に公開。「キネマ旬報 2011年 9/15号」の古澤利夫氏対談によると、『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』3D版の日本公開日は2012年3月17日(土)と発言しています。

スポンサーリンク
『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』3D版、ポスター公開!
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連記事