ベルメゾンネット

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』トイ短編アニメ完結!全話イッキミまとめ

 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』関連商品が9月30日(金)に全世界一斉発売されることを記念して、『ローグ・ワン』のトイを使って作られたオリジナル短編ストップモーションアニメ「Star Wars Go Rogue」の最終回となるチャプター4が公開されました。

 完結となったので、チャプター1から4までのすべてのストーリーと、制作スタッフを紹介したメイキング映像を振り返ってみましょう。

 なお、本記事では「Star Wars Go Rogue」のチャプター1~3まで実は日本語字幕版が配信されているので、こちらを元にご紹介します。

 日本語字幕付きのショートアニメーションであれば見やすい!…のですが、この記事を書いている現時点ではチャプター4の日本語字幕版はまだ配信されていないので、こちらはアップ次第更新する予定です。

 追記:「スター・ウォーズ ゴー・ローグ」チャプター4の日本語字幕版が公開されたので、Youtubeを差し替えました。

スポンサーリンク

「スター・ウォーズ ゴー・ローグ」チャプター1

 帝国軍は、「LEGO スターウォーズ デス・スター」の設計図の保管場所を間違えてしまい、これを紛失…帝国軍が捜索隊を送り出す中、反乱同盟軍もこれを妨害するための部隊を送り出します。

 ジン・アーソは、ジェダーのマーケットへ。マーケットでは、キャプテン・カシアン・アンドールがデス・スターの設計図を持つジャワと交渉し、設計図を得るもののジン・アーソに奪われて…

 なぜか反乱軍、帝国軍入り乱れての設計図の奪い合いに!

チャプター1 見どころチェックポイント

  • 同盟軍ミッション記録の番号の「12-16-16」は、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の公開日である「2016年12月16日」が由来!
  • レゴのストームトルーパーたちに対して、「ストームトルーパーにしては背が低くない?」と言うジン・アーソのセリフは、もちろん『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』でレイアがストームトルーパーの変装をしたルークに言う「Aren’t you a little short for a storm trooper?」からの引用。

「スター・ウォーズ ゴー・ローグ」チャプター2

 設計図の奪還に失敗した帝国軍では「LEGO スターウォーズ デス・スター」の制作が難航しており、FunkoのPOP!の姿をしたオーソン・クレニック長官はいらだちを隠せない。

 ジェダーでは、ジン・アーソ、カシアン・アンドール、K-2SOに加えてチラット・イムウェ、ベイズ・マルバスも合流。集結したチーム「ローグ・ワン」の前に立ちはだかるのは、巨大なストームトルーパーフィギュアだった…

チャプター2 見どころチェックポイント

        

  • 元々、帝国のドロイドだったK-2SO。この「スター・ウォーズ ゴー・ローグ」では背中に「GOOD」と「BAD」のスイッチがあり、これで制御するらしい…シンプル過ぎ!
  • ストームトルーパー「TK-XXL」が言う「反乱軍のクズどもめ!」は、『エピソード6/ジェダイの帰還』のエンドアのシールドジェネレーターバンカーでレンツ中尉が言う有名なセリフ「You Rebel scum」からの引用。
  • ホバータンクのレゴを高速で組み直して、大きなブラスターを作るのはアニメやゲームの「レゴ スター・ウォーズ」シリーズのよう。
  • Uウィングのレゴは、発進時とハイパースペース突入時に翼が可動します。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』本編に先駆けて、UウィングのSフォイル可動が見られる!

「スター・ウォーズ ゴー・ローグ」チャプター3

 2冊が存在することがわかった設計書。惑星イードゥーで、エイリアンのパオとともにチーム「ローグ・ワン」の面々はリモートコントロールで動く「ラピッドファイア・インペリアルAT-ACT」と対峙。

 カシアン・アンドールとK-2SOは、AT-ACTのリモコンを奪って大暴れさせるも、お互いにリモコンを取り合っているうちに帝国軍に包囲されてしまう。

 カシアン・アンドールとK-2SOを連行され、Uウィングを爆破されるなど追い込まれたチーム「ローグ・ワン」だったが…

チャプター3 見どころチェックポイント

  • イードゥーは、これまで情報が明らかになっていない惑星。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するってことでいいんだよね?
  • とにかく、「ラピッドファイア・インペリアルAT-ACT」の魅力が充分に描かれたエピソード。スマートデバイスで操作でき、シューティングトイであるNERF(ナーフ)も内臓したセールスポイントが網羅されており、トイのCMとしては合格な仕上がり!
  • 反乱軍追撃のため、スター・デストロイヤーからはタイ・ストライカーが発進。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』本編でもこうしたシーンが見られるのでしょうか…
  • オーソン・クレニック長官が設計図に付いている施錠を外す際の暗証番号の「1138」は、もちろんジョージ・ルーカスの商業映画デビュー作『THX-1138』から。

「スター・ウォーズ ゴー・ローグ」チャプター4

 片方の設計図を手に入れた帝国軍だったが、案の定デス・スターの半分は手探り状態で作っているためメチャクチャな状態に…

 オーソン・クレニック長官は、カシアン・アンドールを人質にしてもうひとつのデス・スター設計図を反乱軍から取り戻そうとする。ジン・アーソ率いるチーム「ローグ・ワン」は、カシアン・アンドールを救うべく制作中のデス・スターに乗り込んで…

チャプター4 見どころチェックポイント

  • チャプター3までは、様々なメーカーの『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』トイが登場しましたが、チャプター4はレゴのみを使用。
  • ベイズ・マルバスが言う「これは罠だ!(It’s a trap!)」は、もちろん『エピソード6/ジェダイの帰還』のアクバー提督のセリフから。アクバー提督自身も登場!
  • エンドロールを確認すると、キャラクターの声優は映画のキャストとは異なることがわかります。そりゃそうか…
  • 「スター・ウォーズ ゴー・ローグ」メイキング映像

     『スター・ウォーズ』トイを使ったアニメ作品を制作するという、子どもの頃からの夢が叶った喜びを語るスタッフたち。

     地道にトイを動かすストップモーションアニメの作業はもちろん、既存のトイを使っているのでそちらに注目してしまいがちですが、トイが活躍する舞台やその装飾といった美術も細やかに作られていることがわかります。

    『ローグ・ワン』グッズの発売解禁は、
    いよいよ今週末!

     様々なメーカーの新商品が活躍するストップモーションアニメということで、商品情報とともに『ローグ・ワン』キャラクターにも愛着が持てるようなプロモーションビデオになっていた「Star Wars Go Rogue」。

     いよいよ『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』関連商品の全世界一斉発売日である9月30日(金)が今週末に迫り、いよいよな感じがしてきました…

     『ローグ・ワン』主要商品のラインナップは、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』グッズ解禁!新商品総まとめカタログをご参照ください。

    『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』グッズ解禁!新商品総まとめカタログ
    9月30日(金)に全世界一斉発売される『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』グッズのラインナップを一同に集め、その全貌をまとめてみました!また、商品情報から得られる『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のヒントを考察しています。

コメント

  1. 匿名 より:

    チャプター4も公開されましたね。
    大尉の名前がチャプター3と4で違う訳なのですが、
    カシアンとキャシアンどっちが正しいんでしょうか?

    • summer2005 より:

      >匿名さん
      チャプター4の日本語字幕版が公開されましたね!
      教えて頂きまして、ありがとうございます!記事を更新しました。

      確かにチャプター3⇒カシアン、チャプター4⇒キャシアンとなっていますね…
      これに限らず、『ローグ・ワン』のキャラクターの日本語表記は
      結局どれが正式なのか、私も表記ゆれに悩まされています…