ベルメゾンネット

Star Wars: Knights of the Old Republic正式サービススタート!

 Star Wars: The Old Republicより。

 『スター・ウォーズ』を題材にしたMMORPG(多人数同時参加型オンラインRPG)「Star Wars: The Old Republic」の正式サービスがスタート。

 このゲームは、ダース・レヴァンやダース・マラックなどが登場したゲーム「Star Wars: Knights of the Old Republic」シリーズと同じBioWareが開発。

 舞台は、『新たなる希望』の3600年前の旧共和国時代。「Star Wars: Knights of the Old Republic II」から300年後、シス帝国の侵攻が起こる中、プレーヤーは数々の冒険とともに壮大なストーリーを体感していきます。

スポンサーリンク

映画並みにクオリティが高いムービー!

 この「Star Wars: The Old Republic」は、映画並みにクオリティが高いムービーシーンが見もの!多くのファンが見たかったに違いない、ジェダイとシスの二刀流対二刀流のアクションシーンなどが実写テイストで表現されており、映画ではなかったスローモーション演出での戦闘シーンなど、スタイリッシュな仕上がりになっています。

 また、ゲームシステム面でも共和国、シスにそれぞれ4つのキャラクタークラスがあり、各クラスにまったく異なるストーリーやミッションを用意する他、対人戦ゲームなども搭載。さらに、すべての会話シーンがフルボイスという、ものすごいボリュームを誇るMMORPG!

正式オープン前で150万人ものプレイヤーが

 4gamer.netによると、正式オープン前のアーリーアクセス権使用者の時点ですでに150万人ものプレイヤーが遊んでいるようで、全世界で盛り上がっています。

 ロイターによると、「Star Wars: The Old Republic」の発売日はニューヨークのタイムズスクエアにストームトルーパーが現れており、さすが本場では普通のオンラインゲームの扱いではなく、もっと大きなイベントとして捉えられているようですね。

 プレイするには、パッケージ版またはダウンロード版を購入し、以降は60日間のゲームタイムコードを購入して遊んでいきます。

 『スター・ウォーズ』のオンラインRPGといえば、「スター・ウォーズ ギャラクシーズ」があり日本でも多くのプレーヤーがいましたが、システムの大幅変更によって元々のプレーヤー離れを招いてしまい、結果終了してしまうということもありました。

 オンラインゲームは飽きられない継続性が重要なので、今後の運営が注目されそうです。

スポンサーリンク
Star Wars: Knights of the Old Republic正式サービススタート!
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連記事