ベルメゾンネット

スローン大提督が登場!「スター・ウォーズ 反乱者たち」シーズン3予告編でわかった新情報

 「スター・ウォーズ セレブレーションヨーロッパ 2016」にて行われた「スター・ウォーズ 反乱者たち」シーズン3のトークパネルでは、2016年秋に放映される最新シリーズの予告編とともに様々な初公開情報が明らかになりました!

 トークパネルはワーウィック・デイビスを司会に、製作総指揮のデイブ・フィローニ、サム・ウィットワー(ダース・モールの声)、ティヤ・シルカ(サビーヌ・レンの声)といった「スター・ウォーズ 反乱者たち」のスタッフ/キャストが登壇。

 トークパネルの模様は、上記の「セレブレーションヨーロッパ 2016」のライブ動画で見られます。

 なお、「スター・ウォーズ 反乱者たち」シーズン3についての先取り情報を扱うトークショーというイベントの性格上、この記事には日本では現時点で未放映の「反乱者たち」シーズン2最終回のネタバレが含まれますのでご注意ください。

 ただ、ページの構成を工夫して「反乱者たち」シーズン2最終回のネタバレに触れそうな内容は、この記事の後半に記載しているので、ネタバレ注意!の記載が表示されるまでは通常通りご覧頂けるかと思います。

 もちろん、「スター・ウォーズ 反乱者たち」シーズン3の情報を一切シャットアウトしたい方はここから先は読まないように!

スポンサーリンク

「レジェンズ」スピンオフの人気キャラクターが正史に
スローン大提督が「反乱者たち」に登場!

 まず「スター・ウォーズ 反乱者たち」シーズン3に、あのスピンオフの人気キャラクターであるスローン大提督が登場することが発表されました!

Heir to the Empire: Star Wars Legends (The Thrawn Trilogy) (Star Wars: The Thrawn Trilogy - Legends)

 スローン大提督は、「スター・ウォーズ 帝国の後継者」、「暗黒の艦隊」、「最後の指令」のいわゆる「スローン三部作」と呼ばれる小説などに登場し、大きなインパクトを残した『スター・ウォーズ』スピンオフの代表的なキャラクター。

 青い肌と赤い目を持つチスという種族で、エイリアン差別が根強い帝国軍の中であってもその圧倒的な実力で大提督というポジションにまで登り詰めたという経歴の持ち主です。

 『フォースの覚醒』から始まる新たな映画シリーズの製作決定後、映画六部作と「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」、「反乱者たち」、またこれ以降に発表されるスピンオフをカノン(正史)とし、これ以外のその時点で発表されていたスピンオフは「レジェンズ」とされたことで、スローン大提督の存在もカノン(正史)には登場しないと思われていました。

 そんな「レジェンズ」だったスローン大提督が、まさかのカノン(正史)に復活したことが画期的な点なのです!

 「反乱者たち」シーズン3の予告編を見ると、「歴史、哲学、芸術!」というキャラクターは活かされているようですが、レジェンズで使っていたフォースを無効化する生物、イサラミリの存在は現状なさそうです。さすがにイサラミリは強過ぎるか…

声の出演はマッツ・ミケルセンの兄、ラース・ミケルセン

 スローン大提督はデサイファー社のカードゲームでCGIをベースに実写化されたことはありますが、ゲーム以外の映像化はこの「スター・ウォーズ 反乱者たち」が初。

 「スター・ウォーズ 反乱者たち」でスローンの声を演じるのは、なんと『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でギャレン・アーソを演じるマッツ・ミケルセンの兄、ラース・ミケルセン!こんなところに『ローグ・ワン』とのつながりがあるとは…

正史(カノン)のスピンオフ小説「Thrawn」も来春発売!

Star Wars: Thrawn

 「スター・ウォーズ 反乱者たち」でのスローン大提督の登場には、「スローン三部作」の著者のティモシー・ザーンがキャラクターのコンサルタントを行ったとのこと。

 さらにティモシー・ザーンはなんと、スローン大提督を描いた新しいスピンオフ小説「Star Wars: Thrawn」を執筆することも発表されました!

 ストーリーは、スローンと帝国との最初の遭遇から「反乱者たち」シーズン3の直前までを描くということで、正史(カノン)でのスローン大提督の経歴が明かされることになります。

 およそ四半世紀の時を経て、ティモシー・ザーンが再びスローン大提督を描くとは…これはスピンオフファンにとってはたまらない展開です…「Star Wars: Thrawn」は、2017年4月に刊行される予定。

ジェダイでもシスでもない、
フォースの使い手「ザ・ベンドゥ」

 「スター・ウォーズ 反乱者たち」シーズン3に登場する新キャラクターとして、大きな体を持つエイリアンのザ・ベンドゥ(The Bendu)も発表されました。

 ザ・ベンドゥは、ジョージ・ルーカスが書いた『スター・ウォーズ』の初期稿に記載のある「ジェダイ・ベンドゥ」から名前を取ったもので、ジェダイでもシスでもない、ライトサイドとダークサイドの中間の新しいタイプのフォースの使い手であるとのこと。

 ザ・ベンドゥ役には、「ドクター・フー」で4代目ドクターを演じたトム・ベイカーがキャスティングされています。一体、ライトサイドとダークサイドの中間のフォースの使い手とはどういうことなのか…

「スター・ウォーズ 反乱者たち」
シーズン3予告編で気になったシーン!

 このほか、「スター・ウォーズ 反乱者たち」シーズン3予告編には色々と気になるシーンが!

 この時代には機能を停止しているはずのバトル・ドロイドとの激しい銃撃戦や、スカウトトルーパーやYウィングといった『スター・ウォーズ』おなじみのキャラクターやメカ、そしてホンドー・オナカーとアズモリガンといったこれまでの「反乱者たち」に登場してきたキャラクターまで確認出来ますが、中でも以下の要素は気になりました…

「帝国の影」のアウトライダーと同型機のYT-2400

 「レジェンズ」のスピンオフシリーズ「スター・ウォーズ 帝国の影」でダッシュ・レンダーが乗っていたアウトライダーのような宇宙船も登場しており、スローンに続いて「反乱者たち」にダッシュ・レンダーも登場か?!と思いきや、これはアウトライダーと同型のYT-2400とのことです。

ウェッジ・アンティリーズが帝国軍パイロットとして登場!

 「こちらタイSS-25。ウェッジと呼んで」と言うタイ・ファイターパイロットが登場!これは後の反乱軍パイロットのウェッジ・アンティリーズか!

 ウェッジ・アンティリーズは、ヤヴィンの戦い、ホスの戦い、エンドアの戦いのすべてを生き抜いた反乱軍の名パイロット。そんなウェッジの『エピソード4/新たなる希望』の前の姿が登場するとは…ゴーストチームやフェニックス中隊との出会いにより、反乱軍に加わることになるでしょうか?

白いプロトタイプ ボバ・フェットのアーマー
サビーヌとマンダロアの関わりが多くなる

 ジェットパックで飛行するマンダロリアンのコスチュームは、『帝国の逆襲』でボバ・フェットの製作準備中に用意されたプロトタイプの白い装甲服のデザインだ!

 「反乱者たち」は、『スター・ウォーズ』の映画のために描かれたコンセプトアートなどからデザインを流用することが多いですね。

 サビーヌも、マンダロリアンたちが使うジェットパックを装備するほか、あのプレ・ヴィズラのダークセーバーも使うなど、より自身のルーツであるマンダロアとの結びつきが強くなるようです…サビーヌを演じるティヤ・シルカも、シーズン3についてマンダロリアンたちと絡むシーンが多かったと話しています。

 短髪になり、大人びた印象になったエズラとともに、「スター・ウォーズ 反乱者たち」シーズン3ではサビーヌもヘアカラーを紫に変えてイメージチェンジ。このサビーヌの新しい髪の色は、サビーヌ・レンの声を演じたティヤ・シルカからアイデアが出されたものとのことです。

「反乱者たち」と『ローグ・ワン』は連携していく!

 デイブ・フィローニは、「反乱者たち」と映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の間につながりを作っていくことを明らかにしました。

 「スター・ウォーズ 反乱者たち」シーズン2で『フォースの覚醒』とのリンクが少し描かれたように、『ローグ・ワン』公開時期に放映されるエピソードには、こうした要素を含めたストーリーが加わるのかも知れません。

「反乱者たち」シーズン2最終回後、
あのキャラクターは…

 ここから「スター・ウォーズ 反乱者たち」シーズン2最終回のネタバレに触れてしまうので、読みたくない方はここまで!ネタバレ注意!

アソーカ・タノは…

 アソーカ・タノの生死について、デイブ・フィローニははっきりとしたことは言えないものの、「アソーカ・タノの最期は見ていない可能性があるかも知れないね」と発言しており、かなりゴニョゴニョした感じであるものの、再登場の希望は持てるものではないかと思います。人気キャラクターですからね。

Star Wars Ahsoka

 アソーカが幼少期にジェダイに見出され、そして「クローン・ウォーズ」でジェダイ騎士団から離れた後にどのように過ごして来たかといった知られざるストーリーは、10月発売予定のスピンオフ小説「Star Wars Ahsoka」に収められることが発表されました。

ケイナンは…

 ケイナン役のフレディ・プリンゼ・ジュニアは、『座頭市』をはじめとした盲目の侍が活躍する時代劇映画の大ファンで、まさにこうした状態となってしまったケイナンをどう演じるか、よく理解していたとのこと。

 ケイナンが使う新しいマスクは、実現するには最も難しいデザインであるそう。ケイナンのマスクのマーキングは、キャウテン・レックスのヘルメットを思い起こさせるもので、レックスの目を通して物事を見ることをケイナンが学んだことを表しているそうです。

 パダワンのままオーダー66に遭遇し、未熟さに悩んでいた面のあるケイナンですが、髭を生やし目に頼らなくなったことで、ジェダイらしい威厳と神秘性が増したように見えます…

日本では8月にシーズン2最終回を
ディズニーXDで初放送!

 「スター・ウォーズ 反乱者たち」シーズン3は、2016年秋に世界各国にて放送開始!様々な新たな展開があるようで、いよいよ目が離せなくなってきました…

 その前に日本では、ディズニーXDにて「スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン2 最終決戦」と題して、最終話「シスの秘密」を8月21日(日)13:00~14:00に日本初放送!

 視聴環境がある方は、これで「スター・ウォーズ 反乱者たち」シーズン2を見届けられる!

コメント

  1. より:

    はじめまして。
    先日、ディズニーXDで反乱者たちシーズン2の最終話を見ました。録画したので、見返していたら、最後の方でベーダーが足を引きずりながら歩いているシーンの次に、誰かが三角形の口をした洞窟に入って行くシーンがありました。小さいので、誰だか特定はできないのですが、アソーカーに見えなくもないです。いや、アソーカーであってもらいたいです。それにしても、イミシンなシーンです。

    • summer2005 より:

      >ぎ よりさん
      はじめまして!コメントありがとうございます。
      シーズン2最終話にそんなシーンがあるのですね!
      チェックしてみます!