ベルメゾンネット

VRアトラクション「Star Wars: Secrets of the Empire」、海外ディズニーリゾートに年末オープン!

 『スター・ウォーズ』の世界に入り込む体験が出来るVRアトラクション「Star Wars: Secrets of the Empire(スター・ウォーズ:帝国の秘密)」が、カリフォルニアのディズニーランド・リゾート内のダウンタウン・ディズニーと、フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内のディズニー・スプリングスにてオープンすることが発表されました!

スポンサーリンク

完全没入型のVR施設「THE VOID」とコラボ!

 この「Star Wars: Secrets of the Empire」は、ルーカスフィルムのVFX部門であるインダストリアル·ライト&マジック(ILM)のVR/AR研究スタジオのILMxLABが、VRエンタテイメント施設の「THE VOID」とコラボレーションするもの。

 「THE VOID」は完全没入型の全身で体感するVRアトラクション施設!体験者はVRヘッドマウントディスプレイに加えてCPU搭載のバックパックを背負い、着用したベストからの振動など五感全体で味わえる、完全没入型のVRを体験が出来るのが「THE VOID」のスゴいところ。

 すでに、映画を題材にしたVRアトラクションとして『ゴーストバスターズ』シリーズを原作とした「Ghostbusters: Dimension」が展開されています。

 ただVRヘッドマウントディスプレイを付けて首を動かすだけではなく、ウォークスルー型のアトラクションのようにVRの世界と連動した施設を歩いている点が、格別な臨場感を与えてくれそうです。VR内と同じ場所にソファが置いてあったり、屋外に出ると扇風機による風が出ていたり、ゴーストが通り抜けるとその気配も演出されているようで、これはかなりリアルな体験になるはず…

 「Star Wars: Secrets of the Empire」の音響効果はスカイウォーカーサウンドが手掛けるとあって、思わず驚くような音の演出となるのでしょうね。

 「Star Wars: Secrets of the Empire」は、2017年末に新しくダウンタウン・ディズニーとディズニー・スプリングスに一般公開されるVOIDエクスペリエンス・センターにて体験することが出来ます。

ルーカスフィルム初のVRアトラクション

 昨年の「スター・ウォーズ セレブレーションヨーロッパ 2016」では、ILMxLABによる『スター・ウォーズ』のVR映像作品2タイトルが発表されるなど、『スター・ウォーズ』と親和性の高いVRについてルーカスフィルムは積極的な姿勢を示していますが、ついにVRアトラクションがオープンすることになるとは…

ダース・ベイダーが主役のVR映像作品、制作発表!拡がり続ける『スター・ウォーズ』VR体験
 ルーカスフィルムのVFX部門であるインダストリアル·ライト&マジック(ILM)によるVR/ARを研究するスタジオのILMxLABが、「スタ...

 VRはハードが整えば、新しくソフトを入れ替えることで飽きのこないアトラクションを実現出来るかと思いますので、長期的な施設運営が期待出来そうです。

 さらに、オープンする場所はディズニーパーク内ではなく、入園パスポートがなくても遊べるダウンタウン・ディズニーとディズニー・スプリングスである点も大きなポイント!東京ディズニーリゾートでいうところのイクスピアリ内に出来るようなもので、より気軽に『スター・ウォーズ』VR体験が出来るのではないかと思います。

ムスタファーでK-2SOと共に戦う?
「Secrets of the Empire」のストーリーは

 「Star Wars: Secrets of the Empire」の発表にあたって公開されたビジュアルは、溶岩に囲まれたムスタファーと思われる惑星を舞台に(『ローグ・ワン』に登場したダース・ベイダーの城が見えるので、まず間違いなくムスタファー)、プレイヤーが帝国軍とブラスターで戦闘している様子が描かれています。

 対する帝国軍のトルーパーは、火山の惑星であるムスタファーということで「Star Wars バトルフロント」に登場したマグマ・トルーパーのようです。「THE VOID」の体験によって、ブラスターの銃撃戦の振動や溶岩の熱などがリアルに感じられそうですね。

 その側には、K-2SOの姿も!これは『ローグ・ワン』でキャシアン・アンドーの相棒だったK-2SOと同じ個体なのか、反乱軍のために働いている別の個体なのか…

 ともかく、VRでK-2SOと会えるようなのでファンは必見ですね。K-2SOを間近で見上げるような感覚は、実際にやってみたらリアルだろうなぁ…

 また、ダース・ベイダーの城のほかにもタイ・アドバンスドが見えるので、ダース・ベイダーも登場するのかも知れません。帝国軍やK-2SO、タイ・アドバンスドの登場から、時代は『エピソード3/シスの復讐』からオリジナル・トリロジーの時期にかけてのストーリーとなるのでしょう。

 サブタイトルの「帝国の秘密」という意味も気になります。ムスタファーに潜む帝国の秘密とは…

 ディズニーランド、ウォルト・ディズニー・ワールドに2019年に出来る『スター・ウォーズ』のテーマランドである「Star Wars: Galaxy’s Edge」に先駆けて、VRで『スター・ウォーズ』を体験出来る「Star Wars: Secrets of the Empire」。

 まずは年末に、その体験レポートを楽しみに待ちたいところです…

スポンサーリンク
VRアトラクション「Star Wars: Secrets of the Empire」、海外ディズニーリゾートに年末オープン!
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事