ベルメゾンネット

「機動戦士ガンダム 戦場の絆」の『スター・ウォーズ』版!「Star Wars: Battle Pod」、2015年稼働!

Star Wars: Battle Pod Arcade Game Coming Jan. 2015 | StarWars.com

 starwars.comより。

 バンダイナムコゲームスが、『スター・ウォーズ』新作アーケードゲームを世界で展開することを発表しました!しかも、あの「機動戦士ガンダム 戦場の絆」でもおなじみのドームスクリーン式シューティングゲームで!

 タイトルは「Star Wars: Battle Pod(スター・ウォーズ バトルポッド)」!

 「機動戦士ガンダム 戦場の絆」は、パノラミック・オプティカル・ディスプレイ(p.o.d.)と呼ばれる、ポッド型の半球スクリーンと操縦席を持つ大型筐体で、「ガンダム」シリーズに登場するモビルスーツに搭乗して、劇中さながらの戦闘体験が出来る人気アーケードゲーム。

 「戦場の絆」はモビルスーツパイロットの気分が味わえる迫力のゲームですが、まさか『スター・ウォーズ』版が登場するとは!自在に『スター・ウォーズ』ギャラクシーを飛び回り、ドッグファイトが出来るかと思うと今からテンションが上がる!

 ゲームは『スター・ウォーズ』旧三部作を題材にしており、プレーヤーはXウィング、スノースピーダー、スピーダーバイク、ミレニアム・ファルコン、そしてタイ・アドバンスドを操り、ドームスクリーンを通して本当にコクピットに搭乗しているかのような体験が出来ます!

TheForce.net: Bandai Namco Unveils Immersive New Star Wars: Battle Pod Arcade Game

 theforce.netでは、ニューヨークで行われた「Star Wars: Battle Pod」のプレス向けイベントの模様をレポートしています。

 これによると、ゲームはヤヴィン4、ホス、エンドア、第2デス・スター、そして「ベイダーの復讐(Vader’s Revenge)」というダース・ベイダーとなってタイ・アドバンスドを駆るスペシャルステージの、全5ステージが用意されているとのこと。

 またコクピットには操縦桿が左に、射撃ボタンがあるスティックが右側にあります。

 プレイしている画像を見ると、ハイパースペース突入や眼下にエンドアを見降ろしながらの乱戦など、やはり没入感がすごそうです!「戦場の絆」をプレイしたことがない方は、遊んでみるとイメージが沸くかも。

スポンサーリンク

『スター・ウォーズ』シューティング
アーケードゲームは、ついにここまで来た…

 『スター・ウォーズ』のアーケードでのシューティングゲームは、1993年にセガの「スター・ウォーズ アーケード」があり、ビジュアルは今と比べれば歴然の差なのでしょうが、それでも当時はタイ・ファイターとのドッグファイトに熱くなったもの。

 そして1998年には、同じくセガによる「スター・ウォーズ トリロジー・アーケード」が登場。細部まで映画を完全再現したかのようなゲームで、ビジュアルは今と比べれば(以下略)、当時はやり込んだものです!シューティングだけではなく、一人称視点でのライトセーバー戦もアツかった・・・

 この系譜を考えると、『スター・ウォーズ』のアーケードゲームもついにここまで来たかと感慨深い・・・

 メーカーが『エピソード7』に向けて今後『スター・ウォーズ』に力を入れていくバンダイナムコゲームスというのも・・・伝説のナムコ版「スター・ウォーズ」から28年、サソリベイダーが黒歴史になりかねない勢いですね。

 「Star Wars: Battle Pod(スター・ウォーズ バトルポッド)」は2015年1月に最初にアメリカでリリースされ、その後順次世界で稼働。

 早く遊びたいぞ!2015年はゲーセン通い決定!


※追記
バンダイナムコゲームスからも「Star Wars: Battle Pod(スター・ウォーズ バトルポッド)」のニュースリリースが出ました。

スポンサーリンク
「機動戦士ガンダム 戦場の絆」の『スター・ウォーズ』版!「Star Wars: Battle Pod」、2015年稼働!
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連記事