『スター・ウォーズ』実写TVドラマの脚本家は

 海外ドラマNAVIより。

 ここのところ、様々な情報が出ている『スター・ウォーズ』実写TVドラマシリーズ。

 「50時間分の第3稿脚本が出来上がっているものの、TVシリーズで大量のデジタルアニメーションが制作出来る予算で実現する技術がないため、3~4年待たなければならないという残念なお知らせ」があったばかりですが、ではこの塩漬けになってしまう50時間分の脚本を書いたのは誰なのか?という疑問を、Den of Geek!が関係者筋から得た情報により解明。

リック・マッカラム、『スター・ウォーズ』TVドラマについて語る
 Czech Position.comより。  『スター・ウォーズ』のプロデューサー、リック・マッカラムが『スター・ウォーズ』実写TV...
スポンサーリンク

「ドクター・フー」脚本家が
『スター・ウォーズ』実写ドラマ版に参加か?

 複数の脚本家のうちの1人は、イギリスの脚本家マシュー・グレアムとのこと。マシュー・グレアムは「時空刑事1973 LIFE ON MARS」や、そのスピンオフ作品「Ashes To Ashes」、「ドクター・フー」などに参加。

 このサイトが本人に直撃したところ、2008年~2009年の間にルーカスフィルムで「信じられないほどすごい」仕事をしたものの、現在は契約が終了しており「このことを話せる日が来ればいいな」と語ったとのことです。

 少しずつ情報が出てきているものの、実現の見通しが立っていないので歯がゆいですね~。

スポンサーリンク
『スター・ウォーズ』実写TVドラマの脚本家は
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連記事