エピソード3サントラ、グラミー賞2部門ノミネート

 Star Wars公式、グラミー賞公式より。

 「スター・ウォーズ エピソード3:シスの復讐」サウンドトラックが、グラミー賞最優秀サウンドトラック部門、最優秀インストメンタル楽曲賞の2部門にノミネートされました。

 最優秀サウンドトラック部門のその他のノミネート作は、「レイ」、「アビエイター」、「ミリオンダラー・ベイビー」、「Mr.インクレディブル」。

 「Mr.インクレディブル オリジナル・サウンドトラック」は往年のスパイ映画のようなビッグバンド編成が印象的。
 昨年度は5部門受賞したレイ・チャールズの伝記映画「レイ」サントラも有力候補。ただ、最優秀コンピレーションサウンドトラック部門にもノミネートされているので、こちらでの受賞はないかも知れません。

 最優秀インストメンタル楽曲賞は「アナキンの裏切り」がノミネート。壮大なスケールを持つオーケストラと、感情を高ぶらせるコーラスが相まった、映画の主題にふさわしい悲壮感溢れる楽曲です。
 ジョン・ウィリアムスは「映画「宇宙戦争」オリジナル・サウンドトラック」でも同賞にノミネートされています。さすが大先生!

 で、メインのレコード・オブ・ザ・イヤーは、マライア・キャリーとかカニエ・ウェストとかグリーン・デイ、グエン・ステファニーがノミネートされているんですが、個人的にはiPodのCMでおなじみ、ゴリラズのフィール・グッド・インク(ディーモン・デイズ収録)を推したいものです。

 受賞作は来年2月8日に発表。ついに賞レースの季節がやってきた!

関連記事
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク