エンドア魔空の妖精出演のポール・グリーソン氏逝去

 TheForce.Netより。

 『エンドア 魔空の妖精』(DVDタイトル『決戦!エンドアの森』)でシンデルとメイスの父を演じたポール・グリーソン氏が、土曜日にカリフォルニア州バーバンクの病院で亡くなっていたことがわかりました。享年67歳でした。

 ポール・グリーソン氏は『ブレックファスト・クラブ』でヴァーノン先生役を演じていました。
 『ブレックファスト・クラブ』は現在ティーンの方にはぜひ見て欲しいですし、もう大人になった方にも見て頂きたい青春映画です。
 体育会系、不良、学園のクイーン、ガリ勉、ゴス娘が、補習をきっかけに学校内での所属グループを超えて交流するというストーリー。ポール・グリーソン氏演じるヴァーノン先生は、彼ら5人に課題を与えるという役回り。こういうイヤなセンコーいるよな!というような名演技で、堂々たるものでした。

 グリーソン氏のご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク
エンドア魔空の妖精出演のポール・グリーソン氏逝去
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク