ウィザード公式でGen Conレポート

 wizards.comより。

 Gen Conの模様が公開され、今後の情報が明かされています。

 9月に発売される「Star Wars Miniatures:Bounty Hunters」では、新勢力として「マンダロア」が登場。ボバやジャンゴは入りませんが、伝説のマンダロア兵団がお目見えするようです。

 「Bounty Hunters」の次のセットは、「Alliance and Empire」」(同盟と帝国)に決定。これは『スター・ウォーズ』30周年を祝う製品の一環で、ほとんどのキャラクターは旧三部作から(しかし全てではない)のようです。
 コモン、アンコモンはシンプルに、レアとベリーレアには特殊能力の大半を付ける模様。ユージャン・ヴォング(忘れてなかった!)やウィケットが収録されるとのこと。

 「Star Wars Miniatures: Starship Battles」は11月に発売。超大型艦、大型艦、中型艦の宇宙船が登場。

 陣営はライトサイド(ベースが丸形)とダークサイド(ベースが八角形)の2種類。大型艦以上の船のデータカードは2面あり、一定のダメージを受けると裏側にひっくり返してパワーダウンした状態を表します。

 「Starship Battles」は単体で独立したゲームであり、エキスパンションの予定はありませんが、売れ行き次第では出さないこともない!ようです。

 また、品薄で価格が高騰している「Clone Strike」ブースターは今後数カ月で再販の可能性あり。早くしてくれ!

 来年2月に出ると言われていた「Rancor Attack」はアマゾンの早とちりだったようで、発売はキャンセルされました。

 ウィザード・オブ・コーストは、トーナメントの優勝者への賞品として今後のセットに出るミニチュア作り権を出すということを計画しているようです。さらにチャンピオンシップの開催もあるかも。

 で、Gen ConではAT-AT Imperial Walker: Colossal Packを4体並べて、スノースピーダーとアトガーレーザー砲で迎え撃つという、ホスの戦い再現ゲームをやっていた!これは壮観!日本の住宅事情では困難・・・うらやましいなぁ・・・

 それからBounty Hunters Preview 3が出ています。今回はIG-88とダークヘリオン・スウープギャングメンバー。

IG-88 

陣営:ならず者 コスト44

ヒットポイント   80
防御         19
攻撃        +9
ダメージ       20

特殊能力

個体名 バウンティハンター+6 2回攻撃 Flamethrower 20 Opportunist Sonic Stunner

ダークヘリオン・スウープギャングメンバー

陣営:ならず者 コスト5

ヒットポイント   10
防御         13
攻撃        +3
ダメージ       10

特殊能力

ギャング+1(目標の6マス以内にいるダークヘリオンと名の付く仲間ごとに攻撃に+1)

スポンサーリンク
ウィザード公式でGen Conレポート
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク