リーサルアライアンス、本国で発売

 

 『スター・ウォーズ』ビデオゲーム初の携帯ゲーム機限定ソフト「スターウォーズ:リーサルアライアンス(原題Star Wars: Lethal Alliance)」が本国で発売。

 時代設定は『エピソード3』と『エピソード4』の間。主人公はトワイレックのリアンナ・サレンと、彼女のセキュリティドロイドのズィーオ。このコンビは反乱同盟軍に雇われ、帝国の最高機密であるデス・スターを暴くというストーリー。

 ゲーム中にはボバ・フェット、カイル・カターン、レイア、ベイダーなどのおなじみのキャラと遭遇することも。
 ニンテンドーDS版では、アクションの合間にタッチスクリーンを使ったミニゲームもある模様。携帯ゲーム機ということで、マルチプレイモードもあり。

 GameTrailers.comでは本作のプレイ映像が。とにかく主人公リアンナのアクションがド派手!ジェダイ並みのアクロバットなジャンプが、プレイしていて爽快感ありそう。
 『エピソード2』のオビ=ワンのごとくズィーオにぶらさがって空中移動したりするコンビネーション技も楽しい。

 現在までのところ日本版の発売はアナウンスされていませんが、日本版PSP・ニンテンドーDSでも動作可能な輸入版なら日本でも手に入ります。

 Star Wars Lethal Alliance公式サイトもあります。携帯機種でこのクオリティが出来るとは・・・そりゃドラクエもDSで出てしまうかも。

スポンサーリンク
リーサルアライアンス、本国で発売
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク