スター・ウォーズ ルーク・スカイウォーカー伝発売

スター・ウォーズ ルーク・スカイウォーカー伝 (LUCAS BOOKS)

 『スター・ウォーズ』スピンオフ最新邦訳小説「スター・ウォーズ ルーク・スカイウォーカー伝」が発売。

 今回の「ルーク・スカイウォーカー伝」は、映画やスピンオフの総集編的な内容ではなく小説で語られるのは初めての物語とのことです。これは読み応えがあるかも・・・

スポンサーリンク

『ジェダイの帰還』直後から始まるストーリー

 舞台は、エンドアの戦いでの反乱同盟軍の勝利から数か月後。新共和国が樹立されるも、帝国の残党との戦いが続く中、ルークは父であるアナキン・スカイウォーカーについてもっと知りたいと思っていた。そしてタトゥイーンには、アナキンとその母を知る者がいた・・・

 旧三部作と新三部作をつなぐ物語になるのでしょうか?スピンオフ邦訳は「ボバ・フェット」シリーズ以来、昨年秋から新刊が出ていないので久しぶりの刊行。おなじみルークの知られざるストーリーとあって、楽しみな内容になりそうです!