Disney+dアカウント以外<月間プラン>

「Atmoph Window 2 Star Wars」にダゴバの風景が配信!圧巻のスマートウィンドウで『スター・ウォーズ』の情景に浸ろう

 4K/6Kで撮影された美麗な風景と臨場感あふれるサウンドで話題のスマートウィンドウ「Atmoph Window 2」を展開するAtmoph(アトモフ)から、『スター・ウォーズ』とのコラボレーションアイテム「Atmoph Window 2 | Star Wars」に搭載される特別な風景第3弾である「ダゴバ(Dagobah)」がリリースされています。

 すでに2021年4月の「Atmoph Window 2 | Star Wars」発売時に第1弾として『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場した衛星ジェダが、2021年9月に第2弾で「タトゥイーン(Tatooine)」がリリースされており、第3弾となった今回も、ルーカスフィルム監修のもと『スター・ウォーズ』の世界観が「Atmoph Window 2」によって文字通り、窓の向こう側の情景のごとく表現されています。

スポンサーリンク

Atmoph Window 2 | Star Wars ダゴバ

 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』にて初登場し、隠遁生活を営んでいたヨーダと、若き日のルーク・スカイウォーカーの修行の地となった惑星ダゴバ。

 沼や湿地、湿原に覆われ、豊かな生態系とフォースで満ち満ちたこの惑星の情景がAtmophオリジナルのCGによって、緻密に再現されています。

 匂いすら感じてきそうな熱帯の雨と、水面の奥にぽつねんとある煙が立ち上るヨーダの小屋がCGで表されており、まさしく窓からお隣の家を眺めているかのような構図となっています。

 特に雨については、自然な雨を演出するため、雨が水面に落ちる時、地面に落ちる時、また木々に当たって弾ける時など、それぞれ降る場所によって水滴の動きに変化をつけているというこだわりぶり。

 風景に合わせて編集したサウンドによって、より情景への没入感が高まる仕様となっています。

 このダゴバの情景を目にしながらの生活はきっと安寧とフォースの導きを与え、作った食事は、ヨーダがルークにふるまったルートリーフ・シチューの味になる…かはさておき、この地で修業をした彼らに思いを馳せる毎日を過ごせそうです。

Atmoph Window 2 | Star Wars タトゥーイン

 鬱蒼としたジャングルや湿地帯が過半を占めるダゴバと打って変わって、荒涼とした砂漠の夕暮れをクローズアップしたのが第2弾の「タトゥイーン(Tatooine)」。

 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』にてルーク・スカイウォーカーの故郷として登場して以降、ありとあらゆる作品の舞台となっている『スター・ウォーズ』を代表するロケーションです。

 二つの太陽や砂嵐の動きだけでなく、緻密に計算されたサンドクローラーやミレニアム・ファルコンの動くスピードや軌道が見所。『スター・ウォーズ』における設定をリアリティと両立した上で「Atmoph Window 2」の表現に落とし込んでいます。

 沈みゆく2つの太陽と暮れなずむ夕日は、ぜひ現実の夕暮れ時と合わせて黄昏るルークの気分で楽しみたいですね。

 また「Atmoph Window 2 | Star Wars」には専用のアラーム音が5種追加されており、電源の自動ON/OFF、音量やディスプレイの明るさ変更などのアクションを、劇中をほうふつとさせるアラーム音で設定できるとのこと。

 第1弾であるジェダの紹介記事でも触れた特別仕様の外装やフレームと合わせて、より『スター・ウォーズ』の世界観に没入できるこだわりもちりばめられています。

 ただし、これら3つの風景は「Atmoph Window 2 | Star Wars」モデルでのみダウンロード出来るため、すでに「Atmoph Window 2」を持っていても個別にダウンロードは出来ないのでご注意を。

 プリインストールされているジェダを含め、タトゥイーン、ダゴバは「Atmoph Window 2 | Star Wars」モデルで無料追加ダウンロードして楽しむことができますよ。

 そして今回のダゴバのリリースにより、当初予定されていた『スター・ウォーズ』に関する3つの風景が実装されたことになります。

Atmoph Window 2 |Star Wars

 「Atmoph Window 2 | Star Wars」の本体サイズは638 x 372 x 57mm、価格は58,080円(税込)。

 宇宙の静謐さと不穏さが見え隠れするジェダ、砂漠の荒涼さと力強さを感じられるタトゥイーン、そしてジャングルの生命力と神秘をうかがわせるダゴバ。

 日々の気分や天候に合わせ自由に『スター・ウォーズ』の世界を窓の向こうに楽しめる「Atmoph Window 2 | Star Wars」。新しい風景制作にもすでに取り組んでいるとのことなので、お部屋にはるか銀河のかなたを臨む窓を置ける「Atmoph Window 2 | Star Wars」の今後のコンテンツにも期待したいですね。

関連記事
スポンサーリンク

フォローする