75367 Venator 2023.10.2-2023.12.31
本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

デアゴスティーニ「スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコンをつくる」ウェブ限定発売!全長約80cmの撮影用モデルレプリカが再び

 「スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコンをつくる」が、デアゴスティーニ公式ウェブサイトにて数量限定販売されます。

 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』の撮影用に使われた模型を1/1スケールで再現した、全長808mm、全幅596mm、全高192mm、重量が7.5kgのオフィシャル・レプリカということで、2016年に全国販売された「週刊 スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン」のモデルと同スペック。

 パートワーク雑誌のデアゴスティーニから、「週刊 スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン」が2016年1月5日(火)から全国書店(...

 「週刊 スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン」のモデルが、月1回の定期配送にて全10回で販売される商品のようです。

スポンサーリンク

照明や可動のほか、ミレニアム・ファルコン船内も再現!

 「スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコンをつくる」のミレニアム・ファルコンのモデルは、リモコンで操作可能な亜光速ドライブや前方の投光照明、コクピット内部のLED照明が点灯可能。これは単三乾電池式バッテリーボックスを装備することで内部配線を接続し、船体各部に電力を供給して実現しています。

 船体の上下面に設置された四連レーザー砲や、レクテナは様々な角度に可動。搭乗タラップはリモコン操作による可動式で、照明も自動で点灯。着陸脚は、航行時と着陸時の2つから選んで固定出来ます。

 コクピットだけでも全長約100mm、直径約80mmという大型サイズで、その内部の計器盤、制御装置、シートといった細部は映画に使用されたフルサイズセットを参考に成形されています。

 ミレニアム・ファルコン船体上部の装甲プレートは独自のマグネット式アッパーパネルによって着脱可能で、パネルを取り外せば主通路、テクニカル・ステーションやホロゲーム・テーブルを楽しむラウンジを備えた主船倉などが確認出来ます。

 また、シリーズ全10回を購入するとハン・ソロ、チューバッカ、レイア・オーガナ、C-3POの『帝国の逆襲』でミレニアム・ファルコンに搭乗したキャラクターの「コックピットフィギュア4体セット」を申込者全員にプレゼント(第10回でお届け)。

 「スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコンをつくる」の価格は初回特別価格:9,980円(税込)、第2回は18,900円(税込)。申込期間は2023年7月18日(火)~2023年10月2日(月)まで(2023年8月8日頃よりお届け開始予定)、数量限定400セット(なくなり次第終了)。

 英語版マガジンが付属しますが、組み立てガイドはウェブサイトからのダウンロードとなります。

 2015年の一部地域とWEBサイトでの販売、また2016年の全国販売で大きな話題となった「週刊 スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン」。販売開始から7~8年の時を経て、あの大型モデルを当時手に入れたかった方々には再びのチャンスとなりますね。

ディアゴスティーニ