デアゴスティーニ

アメリカ公開!


カンヌ国際映画祭のプレミアより。二大暗黒卿の勝利だ!

 ついにこの日が来た!「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」の公開目前となった十八日夕(日本時間十九日午前)、グローマンズ・チャイニーズ・シアター付近では、コスプレしたファン数百人が集まり、公開を祝った。
 ファンらはまず、ダース・ベイダーやレイア姫、ストーム・トルーパーなどに扮し、ハリウッドで最も音響設備が優れた映画館、アークライト・シアター前に集合し、数キロ北西にある同チャイニーズ・シアターまで行進。
 さらに、四月初めから近くでテントを張って公開を待ち続けていたファン達と合流し、気勢を上げた後、テーマを口ずさみながら再びアークライト・シアターまで行進!うらやましいぞ!
 ロサンゼルスの映画館では、十九日午前零時すぎから上映されるが、チケットはすでに完売状態という。

 というわけで今ごろ海の向こうではエピ3を楽しんでいる頃でしょうな。いいなぁ・・・

 しかし、ここ日本ではまだまだおあづけ。そこでネタバレ断固拒否という方は、ネタバレを確実に避ける、ということを肝に命じて日本公開を待たなければならない。
 まず、ネットをするにも注意が必要である。不用意に掲示板などを見るととんでもないことが書いてあったり・・・安全だとわかっているサイトに足を運んでいきたい。ちなみに当ブログは日本公開までエピ3本編のネタバレは取り上げない方針だ。
 また、ファイル交換などで海賊版が流れたりすると思われる。これらにも細心の注意を払いたい。個人的にはSWの最新作をちっちゃいパソコンの画面やらTVモニターで見て一体何が楽しいのか、と思うが・・・
 とにかく、これから日本公開まではあらゆるメディアで警戒が必要だ。

 こちらの写真もカンヌから。パドメがアサージ・ベントレスみたいになってる!(もしくはTHX-1138 )これはマトリックスのウォシャウスキー兄弟製作「ヴイ・フォー・ヴェンデッタ」というコミック原作の映画の撮影のため。ウォシャウスキー兄弟はマトレボの汚名返上なるか?

スポンサーリンク
アメリカ公開!
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク