スター・ウォーズ エピソード3 クロスセクション

 スターウォーズはよく「SF」というカテゴリーに分類される。ほとんどの人がこう思っているのではないだろうか。
 しかし、スターウォーズはサイエンス・フィクションというより、どちらかといえばファンタジーである。

 それはルーカスが「新たなる希望」の脚本を書く際に、指輪物語や、各地の英雄伝説を分析した「千の顔を持つ英雄」を参考にしたことからもうかがえるし、なによりスターウォーズは剣(ライトセーバー)と魔法(フォース)の世界を持っているのだ。

 そんなスターウォーズユニバースのメカやテクノロジーの特別ずかいが満載なのがクロスセクションシリーズ。実機が存在するかのような詳細な内部構造、製造元の設定、各メカの詳細なスペックが余す所なく記されている。
 スターウォーズはファンタジーだが、このシリーズにはSFマインドがあるのである。


 最新作「スター・ウォーズ エピソード3 クロスセクション」にはべネター級スターデストロイヤーやジェダイスターファイターなどの主要メカから、ウータパウの戦闘機までエピソード3に登場したメカを網羅。
 本編には登場していない(DVDには登場予定)、ヨーダがダゴバに降り立つ時に使ったポッドまで紹介。これを読むとダゴバの存在が秘密になった経緯がわかる!

 エピソード3以外のメカずかいも見たい!という方は、既刊のシリーズをどうぞ。

スポンサーリンク
スター・ウォーズ エピソード3 クロスセクション
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク