歴代映画脚本ベスト101発表

 アメリカ脚本家組合より。

 アメリカの約1万人の脚本家で組織するアメリカ脚本家組合は、歴代映画脚本ベスト101を7日に発表しました。68位に「スター・ウォーズ/新たなる希望」が選出。

 ルーカスは「スター・ウォーズ/新たなる希望」の脚本に3年近くを掛け、苦痛に苛まれながらも古今東西の物語や神話、そして「千の顔をもつ英雄」などを参考にして書き上げました。「現代の神話」となるような普遍的な要素と、薄汚れた宇宙船が飛び回るようなまったく新しい世界がドッキングした結果、あの第1作が誕生したのです。

 ちなみに上位は「カサブランカ」、「ゴッドファーザー」、「チャイナタウン」、「市民ケーン」、「イヴの総て」と名作と呼ばれる作品が集まっています。「カサブランカ」のあのセリフはあまりにも有名過ぎですしねぇ。 

 どうでもいいですが、このHPでの表記が「Written by George Lucasn」になっていて失笑・・・ルーカスンってこたないだろ。アメリカ脚本家組合の人は早く直せ!

スポンサーリンク
歴代映画脚本ベスト101発表
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク