Star Wars: Where Science Meets Imagination開催決定

 COSI Columbusより。

 アメリカ、オハイオ州のコロンバスにある「COSI Columbus」で、「Star Wars: Where Science Meets Imagination」が6月3日から9月4日まで開催されます。これは全6作の衣装や小道具の展示に合わせ、現実のテクノロジーと絡めた紹介をしていくというもの。

 2004年に日本で開催された「スター・ウォーズ サイエンス・アンド・アート」に似たコンセプトの展示ですが、今回は「エピソード3」も含まれたサーガ全ての内容です。

 「アート・オブ~」のようなプロップの展示のみならず、いくつかのアトラクションもあり。
 「Robot Object Theater Debate」は、ジャワのサンドクローラーの中に入り、映像でC-3POと世界的ロボット工学技術者に会えます。
 「Building Communities Augmented Reality」は宇宙港や水分農場、ジャワの町などを作っていくシュミレーション。

 個人的に大注目なのは「JUMP TO LIGHTSPEED EXPERIENCE」というアトラクション。なんと原寸大のミレニアム・ファルコンのコックピットに乗って、ハイパースペース突入が体験できる!これは乗りたい!

 現代のロボットや宇宙船についての展示では、SWギャラクシーのテクノロジーの実現性について思いを馳せることができるはず。

 TheForce.Netによると、オープニングの6月2~4日の間は、501stとRebel Legionの連合コスプレ部隊が登場する予定。オープニング週だけでなく、夏の間もパフォーマンスが続く予定!
 終了後は全米各地の博物館を巡業。2008年10月までスケジュールが組まれています。日本では開催されるのでしょうか?ファルコンに乗りたいんですが・・・

スポンサーリンク
Star Wars: Where Science Meets Imagination開催決定
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク