SW3D版、来年には間に合わず?

 Star Wars公式より。

 『スター・ウォーズ』3D版について、サンディエゴ・Comic-Conでスティーブ・サンスイートが語ったようです。少し残念なお知らせになります・・・

 『スター・ウォーズ』3D版は1年前に約10分のデモ映像が上映されているのですが、実際に興行するにあたっていくつか問題が立ち塞がりました。

 まず、上映劇場の問題。これはデジタル上映館が現状ではまだ少なく、十分に普及するのは来年の終わりまでに間に合わない模様。

 もう1つは、3D化のための諸々のコストが当初見積もっていたよりも高額であったということ。6作品の3D変換に、無線バッテリー制御のメガネ(!)など、設備投資が高くかかってしまうようです。

 要するに、技術的には出来る所まできているのですが、コストがかかるため現在の上映可能館数ではビジネスとして成り立たないということだと思います。

 サンスイートは「それは本当に時間の問題のみであると思うが、2~3年中に実現するとは思わない」という悲観的な予測。とりあえず来年に3D版を見ることはなさそうです・・・

 とはいえ、ルーカスフィルムはサジを投げたわけではないのでいつか見られるはず。それまで楽しみに待ちましょう!
 ほら、実現するかわからなかった新三部作が気が付けば完結しているように、時間はそれなりに流れていくのです・・・

スポンサーリンク
SW3D版、来年には間に合わず?
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク