Disney+dアカウント以外<月間プラン>

DVD&ビデオVISION10月号別冊SF大全

 発売中の「DVD & ビデオVISION 10月号」では、16ページの別冊「SF大全」が付属しています。
 
 各SF映画の設定上の年代を列挙した年表(全部並べてみると世界は大変なことになっている!)、SF映画興行収入ランキング(言わずもがなですが『スター・ウォーズ』は全作入っている)などと共に、『スター・ウォーズ』劇場初公開版と現行版の比較記事が掲載されています。

 劇場初公開版と現行版の比較は、まぁいつもの通りで目新しいものは特になし。各誌とも何度も比較記事は載せているので、発売から少し経った今ならではの切り口が欲しいところ。

 また、少子化終末映画『トゥモロー・ワールド』の紹介や、有名大学SF研究会が選んだSF映画アンケートというのもあり。

 「実現しそうなSF映画」との設問に、傑作『ガタカ』を選ぶのはごもっとも!だけど優等生っぽい意見と思う一方で、『地獄のデビルトラック』を選んだSF研のセンスに共感!
 機械が反乱を起こす映画は数あれど、わざわざこれを選ぶか!そのうち彗星の影響で機械がイカれて、デビルトラックが大暴走したり自販機が缶ジュースを連射して襲ってきたり、そんな未来がきっと来る!

関連記事
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. summer2005 より:

    投稿者:summer2005 2006/10/21 23:43
    >Organaさん
    『ガタカ』はおすすめできます!
    SFというだけでなく、ドラマとしても優れていますよ。
    『地獄のデビルトラック』はスティーブン・キングが原作、そして自ら監督した作品なのですが・・・
    いい感じのバカ映画になっています(笑)

    http://star.ap.teacup.com/summer2005/

    投稿者:Organa 2006/10/21 8:59
    度々すみません。TBもさせて頂きましたので宜しくお願い致します。

    http://starwars.koton-club.holy.jp/

    投稿者:Organa 2006/10/21 8:58
    こんにちは、summer2005さん
    私もこの本を買ったのを忘れてました。
    たまたま本屋さんで見かけて、中をめくってみたら特集になっていたのでついつい購入してしまいました♪

    >発売から少し経った今ならではの切り口が欲しいところ。
    そうですね、確かにもうちょっと何か欲しかったです。

    『ガタカ』と『地獄のデビルトラック』って面白いんですか。今度レンタルがあったら借りてみようかな。

    http://starwars.koton-club.holy.jp/