特別編10周年!

 TheForce.Netより。

 1997年1月31日、『スター・ウォーズ 特別編』がアメリカで劇場公開されてから10年が経ちました!もうそんなに経っちゃったのか・・・

 『特別編』は、『スター・ウォーズ』20周年記念として旧三部作をリバイバル公開したプロジェクト。リバイバルにあたり当時のフィルムを掘り起こしたところ、汚れや傷がひどく、修復作業とデジタルへの変換が行われることに。さらに、当時は技術や予算の都合上、表現出来なかったシーンを新たに制作!若いジャバが!デューバックが動く!モス・アイズリーがゴージャスに!

 『特別編』の公開は、オールドファンはもちろん『スター・ウォーズ』を劇場で見たことがない層へ「体験」してもらおうという意図が込められていました。

 『特別編』の予告はTV画面からバーン!とXウィングが飛び出してくるもので、はじめて見た時の興奮はハンパじゃありませんでした。日本では1996年の『インディペンデンス・デイ』に付いていて、『ID4』本編はともかく「Xウィングが!タイファイターが!エラく迫力増してたなぁ!」と『特別編』への期待が高まりまくったのを覚えています。

 また本作は、オリジナル公開当時から格段の進歩を遂げたVFX技術による旧作と新作のギャップの穴埋めや、『スター・ウォーズ』を知らない若い世代への認知度向上など、1999年からの新三部作への試金石という意味合いもありました。 

 公開されると全世界で大ヒット。日本でもケンタッキー・フライドチキンのタイアップが実施され盛り上がり、一時期は三部作全てが映画館で見られるといううれし過ぎる状況に!

 現在発売されているDVDは2004年になって更に改修を加えたバージョンなので、97年の『特別編』はビデオかLDのみでしか見ることは出来ません。でもオリジナル劇場版が昨年DVD化されたように、いつの日か『特別編』もDVDでリリースされるかも?

スポンサーリンク
特別編10周年!
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連記事
スポンサーリンク