スター・ウォーズエピソード7~9、3Dで製作?

 マイコミジャーナルmarketsawより。

 なんと、『スター・ウォーズ』の新しい映画三部作が3Dで製作されるかも知れない!という噂を取り上げたニュースが。

 これは、以前から言われていた6部作の3D化のことではなく、ここで言う新しい三部作とは、いわゆる『エピソード7』~『9』のこと。

 さらに、ルーカスは監督をせず制作総指揮を行い、監督にはスティーヴン・スピルバーグや、フランシス・フォード・コッポラの可能性があるとのこと。これって、新三部作の時にも流れた噂では?

 なぜ、今になって3Dで『エピソード7』~『9』が動き出しつつあるのかというと、12月に公開されるジェームズ・キャメロンの新作3D映画『アバター』の成功に、ルーカスが危機感を抱いているからとか。そこで、『エピソード7』~『9』3Dをぶつけるのだとか・・・

 『エピソード7』~『9』というと、どうにも噂の域を出なさそうな印象ではありますが・・・『アバター』が起こす3D映画への注目によって、かねてからあった噂が再びリメイクされたというようなイメージを受けました。

 ただ、ルーカスが3D映画に着目しているのは確実なので、『スター・ウォーズ』6部作の3D版も含めて今後の情報に注目ですね。

スポンサーリンク
スター・ウォーズエピソード7~9、3Dで製作?
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク