『スター・ウォーズ』たまごっち「R2-D2 TAMAGOTCHI」11月発売!

R2-D2 TAMAGOTCHI Classic color ver.

 バンダイの「たまごっち」シリーズに、『スター・ウォーズ』のR2-D2のお世話が楽しめる「R2-D2 TAMAGOTCHI」が発表されました!

 1996年に発売されて大ブームを巻き起こし、現在も様々なキャラクターとのコラボモデルをリリースしているデジタル携帯ペットの「たまごっち」。

 そのブームの最中には、「スター・ウォーズ R2-D2 ギガフレンド(Giga Pets)」という機能がまんまな育成型ゲームまで登場!「たまごっち」ブームはしっかりと『スター・ウォーズ』にも影響を与えていたのですが、ついに「たまごっち」が『スター・ウォーズ』とコラボするとは…

 そんな「たまごっち」の特徴はそのままに、「R2-D2っちと」も言える液晶画面のドット絵で表現された「R2-D2 TAMAGOTCHI」は『スター・ウォーズ』の世界観とR2-D2のドロイドらしさを散りばめたキュートな仕様となっています。

スポンサーリンク

R2-D2をお世話し、様々なモードにスキルアップ!

R2-D2 TAMAGOTCHI Classic color ver.

 「たまごっち」はエサやトイレなどのお世話をすることでキャラクターが育っていきましたが、ドロイドであるR2-D2はエサの代わりにエネルギーチャージ、掃除はボディのクリーニングとなっており、「R2-D2 TAMAGOTCHI」ではドロイドらしい育て方(?)が楽しめます。

 「R2-D2 TAMAGOTCH」は、育て方によって様々なモードのR2-D2にスキルアップ。

 育て方によって9種のスキルモードが解放され、さらにスペシャルスキルモードとパイロットスキルモード各5種、合計19種のスキルに派生します。

 また、併せて搭載されているミニゲームも、スキルアップ度合いによって変化するこだわりよう。

 デフォルトでは消火活動と、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』でチューバッカと対戦したデジャリックが、スキルアップによって『エピソード6/ジェダイの帰還』で披露したライトセーバーリリースやタイ・ファイター相手のフライトシュミレーション、イウォークの罠、ヨーダチャレンジといった9種類のミニゲームも楽しめます。

C-3POやヨーダ、ボバ・フェットといったキャラクターも登場

 また、R2-D2だけではなく「R2-D2 TAMAGOTCH」の画面には相棒のC-3POを始め、ヨーダ、ボバ・フェットなど14人のキャラクターが一定時間ごとに表示されます。

 さらに本体からはR2-D2の声をイメージした音が鳴り、まるでR2-D2が呼びかけてくれるような体験もできるとのこと。

R2-D2 TAMAGOTCHI Holographic ver.

 本体カラーはR2-D2のボディがデザインされた「R2-D2 TAMAGOTCHI Classic color ver.」と、ホログラムをイメージしたデザインの「R2-D2 TAMAGOTCHI Holographic ver.」の2タイプ。

 価格は両タイプとも2,530円(税込)。2021年11月13日(土)より発売予定です。

スポンサーリンク
『スター・ウォーズ』たまごっち「R2-D2 TAMAGOTCHI」11月発売!
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連記事