ベルメゾンネット

早くも『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』上映劇場&IMAX3D、4DX、MX4D上映決定! 予告編は7月4日から劇場上映

 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の日本での上映劇場として、全国365館の映画館が決定しました!

 映画は配給会社の営業担当が映画館にセールスし、その作品の上映劇場が決まりますが、公開から約半年前に具体的な上映劇場が発表されるのは異例。

 これだけ早い時期に劇場名が発表出来ることは、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンがいかに『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に注力しているかが伺えます…

スポンサーリンク

聖地・日劇でも上映!

 発表された全国365館の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』上映劇場の中には、旧日劇時代から数えて『スター・ウォーズ』シリーズ全作を上映している「聖地」TOHOシネマズ日劇ももちろん含まれています。公開初日はやはり「聖地」か?!

 また、ディズニーという視点では東京ディズニーリゾート内にあるシネマイクスピアリでも『フォースの覚醒』の上映が決定。「スター・ツアーズ」がある東京ディズニーランドに行く時にも見やすい?!

『フォースの覚醒』上映劇場は今後も増えるか

 ただ、公開まで約半年前の段階なので『フォースの覚醒』の上映劇場は今後も多少増えるかも知れません。

 「上映劇場数」と「スクリーン数」は違うので(シネコンの普及により、今はスクリーン数で数えることが多い)一概に比較は出来ないですが、少し前の話で2012年の『アメイジング・スパイダーマン』は当時の時点で過去最高の1091スクリーンで公開されていました。

 個人的な感覚ではありますが、『スター・ウォーズ』なのでもう少し劇場数が増えても良いのかな…とも思います。

『フォースの覚醒』予告編が7月4日(土)から
ついに映画館で上映!上映劇場も発表

 そして、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の予告編が7月4日(土)のウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン配給作品『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』に合わせて、ついに映画館で上映!

これまで予告編を、映画館で上映しなかった理由とは

 これまで『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、TVCMや交通広告などの媒体で公開の約1年前から広告展開をしていても、日本の映画館での予告編の上映だけは行いませんでした。

 これは宣伝戦略上、あえて止めていることでした。

 映画業界紙の文化通信2015年1月17日付の記事にて、『スター・ウォーズ』を知らない世代も増えている中、まずはイベント的な盛り上がりで認知を獲得した後に、より映画に近い場所である映画館での予告編上映につなげていく戦略が明かされています。

 以下、記事からの引用です。

いったい、「スター・ウォーズ」とは何なのか。知らない世代にも強くアピールする。“イベント化”という過程を経つつ、その盛り上がりを足場にして、映画館(予告編)へと情報の発信を濃密にしていく。

※リンク先の記事は、定期購読者のみ閲覧可能

 年明けの『フォースの覚醒』の大量の広告宣伝で『スター・ウォーズ』イヤーを認知させ、4月の新予告編公開と5月の『スター・ウォーズ』の日によって期待感と話題性を高め、映画館への来客が多い夏休みシーズンに満を持して劇場での予告編を上映する…

 こうした宣伝スケジュールだったというわけです。

『フォースの覚醒』予告編の上映劇場は

 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』予告編は、今回発表された『フォースの覚醒』公開劇場の365館のうち、『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の上映劇場にて上映されます。

J・J・エイブラムスから
日本のファンへのメッセ―ジ映像も上映!

 上映されるのはティーザー予告編第2弾で、新予告編ではないのですが…

 劇場で上映される予告編の冒頭には、J・J・エイブラムスから日本のファンへのメッセ―ジ映像が上映!

 このメッセージ映像では、新たなヒロインであるレイやおなじみの『スター・ウォーズ』キャラクターたちについて言及されているとのこと。どんな内容なのでしょうか…

『フォースの覚醒』は
IMAX3D、4DX、MX4Dでも上映!

 さらに、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』はIMAX3D、4DX、MX4Dで上映されます!

 IMAXでの上映は、昨年に発表されていた通り。IMAX3Dなので、『フォースの覚醒』はド迫力で飛び出す3Dでも楽しめます!これは期待!

『スター・ウォーズ エピソード7』IMAX上映が正式決定!
 IMAXより。  『スター・ウォーズ エピソード7』がIMAXで上映されることを、アイマックス・コーポレーションとウォルト・ディズニ...

 4DX、MX4Dはともに、映画のシーンと連動して座席が動く他、水や風、フラッシュ、さらには香りや煙といった特殊効果により、臨場感のある映画体験が出来る体感型(4D)映画上映システム。

 宇宙船やスピーダーが飛ぶシーンで、機体の動きに連動して座席も動けばあたかも「スター・ツアーズ」のようになるのか!

 また、Xウィングが水面スレスレで飛ぶシーンでは突風と水しぶきが上がったり、ブラスターでの銃撃戦では煙が立ち込めたりしたりして…これは1度は体験しなければ!

 4DXとMX4Dは異なる規格で、MX4DはTOHOシネマズが導入しているシステム。それぞれ違った演出が楽しめるかと思うので、それぞれ最低1回は体験します!

劇場ポスターやチラシ、前売り券はまだかなぁ…

 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の予告編が映画館で上映されるとくれば、まだ劇場で掲出されていないポスターやB5チラシ、また前売り券もそろそろ見たい頃ですよね…

 映画館の来場者数が多くなる夏休み、いよいよ劇場内でも『フォースの覚醒』のプロモーションが始まります。この夏は見たい作品も多いので、映画館によく行くことになりそうだなぁ…

スポンサーリンク
早くも『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』上映劇場&IMAX3D、4DX、MX4D上映決定! 予告編は7月4日から劇場上映
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連記事