ジャージャー・ビンクス吹替声優、田の中勇氏死去

 スポーツ報知より。

 『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』、『エピソード2/クローンの攻撃』の日本語吹き替え版でジャージャー・ビンクスの声優を務めた田の中勇さんが13日、77歳でお亡くなりになりました。

 もちろん、田の中勇さんといえば「ゲゲゲの鬼太郎」の目玉のおやじ。一番最近のシリーズや『墓場鬼太郎』、実写版映画でもあの声を聞かせてくれていました。あの目玉のおやじの声が聞けなくなるなんて…本当に残念です。今後の「鬼太郎」シリーズはどうなるのでしょう…

 色々と調べてみたら、「ミュータントタートルズ」のクランゲとか、映画『学校の怪談』のCMの「うひひひ・・・」とかも演じていたと知り、幅広いお仕事ぶりを再認識。

 ちなみに、「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」でもジャージャーが登場し、案の定な活躍をしているのですが、こちらでは「タッチ」の達也で有名な三ツ矢雄二さんが演じています。ジャージャーの声の場合は、どちらかというと「キテレツ大百科」のトンガリの、と言うべきか・・・

スポンサーリンク
ジャージャー・ビンクス吹替声優、田の中勇氏死去
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク