新宿プラザ通算来場者100万人突破

祝!スター・ウォーズ100万人…日本で唯一6作上映

 映画「スター・ウォーズ」シリーズ第1作目(昭和53年公開)から、9日公開の6作目「エピソード3 シスの復讐」まで日本で唯一シリーズ6作品を上映してきた東京・新宿プラザ劇場の同シリーズ通算来場者が10日、100万人を突破した。横浜市在住の会社員、山口功一さん(26)が100万人目の来場者となり、記念セレモニーが行われた。

 山口さんは2回目の上映(午後12時半)に合わせ恋人の安田さやかさん(25)と来場。くす玉が割られ「びっくりです。すごく嬉しい」とニッコリ。記念品としてダース・ベイダーのフィギュアが同劇場の遠藤直之支配人(57)から手渡されたほか、6作目の主演、ヘイデン・クリステンセン(24)の直筆サイン入り特別フォトも後日贈られる。

 一方、同劇場にはジョージ・ルーカス監督から直筆サイン入りの感謝状が贈られた。遠藤支配人は「“興行マン”冥利につきます」と感慨深げ。感謝状は劇場内事務所に飾るという。

 1作目からカウントしてたとは相当律義ですな・・・3D版もぜひ全作公開を!

スポンサーリンク
新宿プラザ通算来場者100万人突破
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク