デアゴスティーニ

DVD記者会見

 TheForce.Netより。

 10月6日、スカイウォーカーランチで「スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐」DVDの記者会見がありました。ルーカスアーツ社長のジム・ワード、ロブ・コールマン、フランク・オズ、イアン・マクダーミド、ヘイデン・クリステンセンが出席。
 オープニングバトルとラストの決闘シーンのデモを上映したようですが、記事によると今までの映画のDVDで見たことがないほど鮮明で、色鮮やかで、ディテールもより豊かで印象的だったということです。
 また、DVD本編は劇場版と同じ内容だと確認されたようです。今回は市場がDVDに移行したのでVHSの発売はなし。

 ここの劇場のスクリーンの脇にはパルパティーンのオフィスにあった彫刻が!

 削除されたシーンは全部で6つ。
・ダゴバへ行くヨーダ
・ベイル・オーガナのオフィスでの会談
・ヨーダ、メイス、オビ=ワンが議長について議論する
・パドメのオフィスでの議員達の会議
・戦争反対議員の署名でパルパティーンに直訴
・アナキンとオビ=ワンのインビジブル・ハンド内でのシーン

 今回もイースターエッグ(隠しコマンド)あり。ヨーダがブレークダンスする!とんでもないバカ映像になってるといいなぁ!コマンドはもちろん1138!

 特典ディスクの主な内容は・・・

・ドキュメンタリー:「メイキング・オブ・エピソード3」
 ムスタファーの決闘の49秒の1シーンがどのようなプロセスで撮影されたかを描くもの。910人ものスタッフを使ってるのか・・・

・ビハインド・ザ・シーン:「選ばれし者」
 サーガの主人公とも言えるアナキン/ベイダーのエピ1からエピ6までをつなぎ、ダース・ベイダーの神話を明らかにするというもの。

・ビハインド・ザ・シーン:「リアルの追究:エピソード3のスタント」
 ニック・ギラード先生によるスタントシーンの舞台裏が。

・Web ドキュメンタリー
「starwars.com」で公開されたWeb ドキュメンタリー。

 その他、イベントで明かされた情報は・・・

 ルーカスは「インディ・ジョーンズ4」の脚本に取り掛かっており、今度の日曜くらいに終わる予定で、それからスピルバーグと話し合う、とリック・マッカラムが発言。

 インディ関連では、ヤング・インディ・ジョーンズDVDの作業を引き続き行っているとのこと。

 6部作BOXのリリースに関してはコメントなし(そりゃね・・・)。

 ルーカスアーツはビジネスを分析し、年に2~3本のゲームにしぼって発売する必要があると決定したとのこと。

 TVアニメシリーズはすでに作業に入っている。ルーカスは13話分を執筆、ロブ・コールマンはスカイウォーカーランチで作業中、アニメーション製作はシンガポールで行うことになる。

 3D版スター・ウォーズはやはり劇場設備の問題があるようだ。ただ、来年にデジタル3Dが発展すればなんとかなりそう。

 「スター・ウォーズ DVD」で検索

スポンサーリンク
DVD記者会見
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク