スター・ウォーズ3D版07年5月公開か

 FujiSankei Business i.より。

 3D映画の普及についての記事です。

 近年、低迷が報じられているハリウッドですが「ポーラー・エクスプレス」3D版のヒットにより、「3D」という付加価値があれば、映画館への客足が戻ることがわかった模様。

 そして3D技術の基準は、現在シネマイクスピアリで上映中の「チキン・リトル」3Dが基準とのこと。これはやはり、見に行かなければならないかなぁ・・・
 
 3D映画の上映設備には、最低でも約5万ドル(約580万円)の追加投資が必要なので、普及がうまく進むかどうか心配です。
 「トーキー以来の大変革」となり、他メディアに押され気味な映画館の救い主となるかどうか。やはりハード面の普及と、ソフトの供給がうまくいかなければ難しそう・・・

 とはいえこの記事で一番目を引いたのは、「スター・ウォーズ」3D版が2007年5月から全米で公開されるという記述!ええ!5月から?!どこからの情報ですか?!

 確かに「スター・ウォーズ」は5月公開が通例。だとすれば、1年後の今は公開に向けて盛り上がっている頃・・・

 うかうかしてられませんな・・・ってか今の普及速度で本当に5月に間に合うんでしょうか・・・

スポンサーリンク
スター・ウォーズ3D版07年5月公開か
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク