Razor Crest – 31.12.2022

第78回アカデミー賞受賞式

 eiga.comより。

 第78回アカデミー賞受賞式が、ロサンゼルス現地時間5日に開催され、下馬評の高かった「ブロークバック・マウンテン」は監督賞、脚色賞、作曲賞を受賞。作品賞は「クラッシュ」が取りました。

 1作品が大量に受賞するのではなく、多くの作品がそれぞれ受賞したというのが今回の印象。

 第76回では「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」で11部門を獲得したピーター・ジャクソンの「キング・コング」は、視覚効果賞、音響編集賞、音響賞というVFX映画が取るべき賞を手堅くゲット。

 「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」はメイクアップ賞にノミネートされていたものの、現在「ファインディング・ニモ」を越える勢いでヒット中の「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」が受賞しました。

 ダブルノミネートされていたジョン・ウィリアムスや、キーラ・ナイトレイも残念。
 長編アニメ部門はやはり「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」が獲得。

 さて、これで賞レースも一段落。これから主要部門受賞作をこの目で見る日を楽しみにしてます。

スポンサーリンク

コメント

  1. summer2005 より:

    投稿者:summer2005 2006/3/7 20:58
    >Organaさん
    ジョン・ウィリアムスはこれまでもたくさんオスカーをもらってきたので、少し配慮されたのかも知れません。
    これからも良い映画音楽を作っていくと思うので、いずれまた機会があると信じています。

    キング・コングは賛否両論ありますが、個人的には傑作でしたよ!

    http://star.ap.teacup.com/summer2005/

    投稿者:Organa 2006/3/6 23:48
    こんばんは

    ダメだったんですね。せめてジョン・ウィリアムスさんだけでも受賞して欲しかったです。

    キング・コングは観てないのですがすごく良かったと聞いているのでDVDが出たら絶対に借りてみようと思います。

    http://starwars.koton-club.holy.jp/