ハズブロー収益増

 Hemscottより。

 ハズブローの第3四半期収益が8.2パーセント上昇したと発表されました。「Playskool」や「Littlest Pet Shop」などのブランドが好調に売り上げ、『スター・ウォーズ』関連商品の衰退を相殺したようです。

 『スター・ウォーズ』商品を除いた歳入は13パーセント増加したとのことで、『スター・ウォーズ』商品はかなり足を引っ張っている模様。

 とはいえ、6900万ドルの四半期収入を得ており、いまだ「業界ナンバー1のアクション・フィギュア資産」とのこと。映画公開なしでも継続できる強さを示しているようです。

 今後は、冬休みシーズンには伝統的なボードゲームで手堅く稼ぎ、マーベルコミックスと契約して来年公開の『スパイダーマン3』、『ゴーストライダー』、『ファンタスティック・フォー:ライズオブ・ザ・シルバーサーファー(原題)』など、アメコミ映画のアクションフィギュアで利益を得ていくという予測。

 『スター・ウォーズ』30周年の年はどれ程の売れ行きになるのでしょうか。安易なリパックでお茶を濁すのはやめて欲しいですが・・・

スポンサーリンク
ハズブロー収益増
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク