スター・ウォーズ クローン大戦映画版の日本公開時期を考察する

 3Dアニメ『スター・ウォーズ クローン大戦』は、北米で8月15日(金)に最初のエピソードが劇場公開することになっていますが、日本をはじめとした世界各国の公開日程は未だアナウンスされていません。

 いくつかの情報筋から考えると、2008年中に『スター・ウォーズ クローン大戦』は日本で公開されるのは確実です。では、それは一体いつなのか?ちょっと考察してみました。

 基本的なところから言うと、『クローン大戦』上映劇場は、新三部作のメイン上映館である日劇や、日比谷スカラ座ではない(ついでに、『クローン大戦』の本編前に20世紀FOXファンファーレは鳴り響かず、代わりにワーナーのロゴが出ることになるだろう)。

 この作品の配給会社はワーナーブラザースなので、ワーナー作品のメイン上映館であるサロンパス ルーブル丸の内やピカデリー、プラゼールあたりが有力のはず。

 さて上映日であるが、8月15日以降の公開なのは確実。最初に考えられそうなのは日米同時公開ですが、これはまず難しそうな情勢。というのも、現在どこの劇場も夏休み作品は大方上映が決まっており、今からネジ込むのは難しいからだ。

 ただ、ワーナーとしても『スター・ウォーズ』というビッグタイトルを出来るだけ早く公開したいはずだし、出来ることなら学生層が長期休みに入っている夏~秋に公開をしたいところだろう。

 仮に、夏~初秋に公開と考えた場合、先に挙げた3つの映画館のうち、どこが『クローン大戦』上映劇場として最有力なのか?

 まず、丸の内ピカデリー1は7月26日よりドリームワークス最新作『カンフーパンダ』の上映が決まっているので、さすがにここまでの大作を1ヶ月弱で上映終了するのは厳しそう。ピカデリー2は邦画系なのでまずない。

 丸の内プラゼールは、バットマンシリーズ最新作『ダークナイト』が8月上旬公開なので、これも難しい。

 そうなると、残るはサロンパスルーブル丸の内だが、ここは7月5日から『スピードレーサー』を上映する。ここであれば8月下旬、例えば8月23日あたりから『クローン大戦』を上映しても、『スピードレーサー』の上映期間を1ヶ月半確保できる。

 あとは、すでにワーナーが同時期に公開を予定している『ゲットスマート』との住み分けが出来るかどうかがポイントになる。
 夏休み映画最後の目玉として『クローン大戦』を上映しても良いが、9月過ぎに『ゲットスマート』に切り替えをすると『スター・ウォーズ』にしては十分な上映期間が取れないし、先に『ゲットスマート』を流せば上映期間は取れるが、夏休みを逃してしまう・・・う~ん難しい。

 というわけで、『スター・ウォーズ クローン大戦』の日本公開は2008年8月23日~9月27日までの間と予想!暑い時期には『クローン大戦』が見られると思います。

 そうすると、7月の「セレブレーションジャパン」で『スター・ウォーズ』に注目を集めて、その来月あたりに劇場公開する、という導線が立てられそう・・・

 この夏は『インディ・ジョーンズ』もあって、いろいろ面白くも大変なシーズンになりそうですね。楽しみ!

 まぁ、あくまで予想ですので、フタを空けてみたら全然違ってもあしからず。

スポンサーリンク
スター・ウォーズ クローン大戦映画版の日本公開時期を考察する
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク