スター・ウォーズのカッコいい名シーン31

 Galactic Binderより。

 『スター・ウォーズ』ファンサイトGalactic Binderが、『スター・ウォーズ』公開31周年を記念して「『スター・ウォーズ』のカッコいい名シーン31」というランキングを公開しています。

 トップは『帝国の逆襲』での「I Love You」、「I know」のシーン。そして次に『クローンの攻撃』でヨーダがライトセーバーを抜くシーン。3位は『新たなる希望』でモッティがベイダーに絞殺されかけるシーン。

 人それぞれお気に入りのシーンがあるので、ファンそれぞれに31シーン選出してもらったら本当に様々なセレクションになるでしょうね。今回はかっこいいシーンということなので、個人的なお気に入りをいくつか書いてみます。

■『ファントム・メナス』・・・
 オープニング、オビ=ワンとクワイ=ガンがバトルドロイドと戦うシーン。最初に見た時に、バッサバッサと斬ってアクションする2人を見て「これが全盛期のジェダイか!」とシビれたものです。

■『クローンの攻撃』・・・
 ジオノーシスにて、メイスが「パーティーは終わりだ!」と言った後、アリーナの各地でいくつものライトセーバーが光り、大合戦が始まるシーン。映画自体のテンションが一気に上がる!

■『シスの復讐』・・・
 コルサントの宇宙戦。ミニチュアワークも味とリアリティがあって大好きですが、CGならではの戦いのシークエンスということで。

■『新たなる希望』・・・
 峡谷を歩くR2を、ジャワが狙うシーン。ジャワ視点のアングルや、手持ちカメラによってミステリアスな雰囲気を作った後、「ウーティーニー!」の一声でジャワ大集合!その後のシーンで、トルーパーに虐殺されたり3POにすらバカにされたりというあたりは、ジャワの悲哀が泣ける。

■『帝国の逆襲』・・・
 AT-ATがグオーン!と崩れるシーン。その後にダメ押しで頭部が破壊される・・・AT-ATとスノースピーダーが戦うシーンは今見ても素晴らしい出来。

■『ジェダイの帰還』・・・
 カーボナイト冷凍されたハンが解凍されるシーン。カーボナイト冷凍は、今もパロディのネタになるくらいの秀逸なアイデア。

 パッと思いついたものですので、また見直すと他にもいろいろあるはずですね。まぁ、書き出すとキリがないのですが・・・

スポンサーリンク
スター・ウォーズのカッコいい名シーン31
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク