クローン・ウォーズ初回放送、高視聴率で発進

 バラエティ・ジャパンより。

 TVシリーズ「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」の初回放送が高視聴率を記録しました。

 10月3日(金)の平均視聴者数は396万人で、これはシリーズ番組の初回放送としてカートゥーン・ネットワーク史上最高の数字。また、初回のプレミア特番を組んだ番組の中ではニールセン・メディア・リサーチが調査を開始して以来、ケーブルテレビ局全体で過去最高の視聴率!

 視聴層では、「6才から11才男性」の視聴者数が160%、「9才から14才男性」が133%と、それぞれ同番組の放送時間帯から大きく増加。やはり『スター・ウォーズ』は男の子に強い!

 もともとのネームバリューに加えて、この夏の劇場版公開による番組タイトルの知名度の浸透も成功の要因かも。興行収入は振るわなかった劇場版『クローン・ウォーズ』も、壮大な番組PRと思えば成功?

 アメリカの子供たちは学校で「先週の『スター・ウォーズ』見たか?」とか言っているのでしょうか。リアルタイムにTV放送で見られるのは一体感があってうらやましいなぁ・・・

スポンサーリンク
クローン・ウォーズ初回放送、高視聴率で発進
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク