デアゴスティーニ

エピソード7~9、3D版の噂をルーカスフィルムに確かめてみたら

 先日、世界中のメディア、そして『スター・ウォーズ』ファンを震撼させたスター・ウォーズエピソード7~9、3Dで製作?のニュース。気になるその続報ですが・・・

 まず、タレ込み情報で有名な映画サイトAin’t It Cool Newsは、ルーカスフィルムにメールで直接コトの真相を確認。

 すると、ルーカスフィルムのPR担当から「ルーカスフィルムは現在、『スター・ウォーズ』の3D版に取り組んでいない」、「劇場公開される『スター・ウォーズ』映画は予定されていない」との返答があったようです。や、やはりか・・・

 ちなみに、このAin’t It Cool Newsの主宰者、ハリー・ノールズは「Fanboys(ファンボーイズ) 」に登場し、『スター・ウォーズ』カルトクイズを出しながら主人公たちをぶっ飛ばす活躍をみせます!

 そして、おそらく決定的なのがルーカスフィルムのファンリレーション担当のスティーブ・サンスウィートその人が答えたインタビュー映像。

 この動画の3分過ぎのあたりで、今回の『スター・ウォーズ エピソード7~9』を3Dで製作するという噂を完全否定しています。「インターネットで書かれていることを信じちゃいけないよ」とのこと。

 う~ん、やはり総合的に考えて今回の『エピソード7~9』3D版の噂は、現時点では実現の可能性が低いものだったと思います。

 とはいえ、いつ手のひらを返すかわからないのがこの手の話。少なくともルーカスフィルムは3Dに興味はあると思うので、まずは『スター・ウォーズ』6部作3D版が公開される日を待ちたいですね!

スポンサーリンク
エピソード7~9、3D版の噂をルーカスフィルムに確かめてみたら
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク