「STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー」ゲームプレイ映像公開!『ローグ・ワン』のあのキャラも登場

 エレクトロニック・アーツのイベント「EA PLAY」にて、「STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー」のゲームプレイ映像が世界初公開されました!

 公開されたのは約14分間のゲームプレイ映像で、プレイヤーキャラクターである元ジェダイ・パダワンのカル・ケスティスが、キャッシークにて帝国軍と戦うステージが公開されました。

 映画に登場したあのキャラクターの登場のほか、カル・ケスティスが使う驚きのフォースの能力など、「STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー」について、発表されたゲームプレイ映像から判明したことをご紹介します!

スポンサーリンク

あのソウ・ゲレラが登場!

「STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー」のゲームプレイ映像の冒頭、帝国軍に占領されたキャッシークの地を駆ける主人公カル・ケスティスを呼ぶ「ジェダイ、こっちだ!」という声。

 その声の主は、なんとソウ・ゲレラ!

 おなじみとなった『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のほか、アニメ「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」、「スター・ウォーズ 反乱者たち」にも登場し、帝国が支配する時代にはパルチザンの指導者として過激な抵抗活動を繰り広げていたソウ・ゲレラは、元ジェダイであるカル・ケスティスと会っていたのです…

ソウ・ゲレラによると、キャッシークの木の樹液を強力な化合物に精製しており、これを止めなければならないと言います。ソウ・ゲレラの部隊が施設の破壊を試みている間、カル・ケスティスは単独で施設に侵入して中で囚われているウーキーたちを解放することに。

 ソウ・ゲレラの風貌は、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のオープニングシーンや「スター・ウォーズ 反乱者たち」に登場した時と変わらないように見え、最前線まで戦いに来ているので結構元気な模様。

 ソウ・ゲレラのパルチザンにとってジェダイは大きな戦力になるはずですが、その出会い、そして別れのいきさつについても気になるところです…

 ソウ・ゲレラの声を演じるのは、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』と同様にフォレスト・ウィテカーです。

カル・ケスティスが使う新しいフォースの技

 「STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー」は、サードパーソン・アクション・アドベンチャーゲームということで、プレイヤーキャラクターであるカル・ケスティスを後方から見た視点で操作する、おなじみのスタイルとなっています。

 カル・ケスティスが魅せるアクションは、そのフォースとライトセーバーの技が相まってド派手で華麗!

 壁を走って移動したり、敵のアストロメク・ドロイドをフォースでぶつけて攻撃したり、フォースで敵を引き寄せてライトセーバーで刺したり、ハイジャンプからライトセーバーで斬りつけたり、縦横無尽なアクションを見せてくれます!

 また、これまでのジェダイアクションの中であまり見られなかった、フォースで敵や物体の動きを遅く出来るフォース・スローという技もカル・ケスティスは使うことが出来ます。敵やブラスター・ボルトも遅く出来るようで、ブラスターを連射されていても有利に立ち回ることが可能に。

 フォース・スローは、『フォースの覚醒』でカイロ・レンがブラスター・ボルトを止めたフォースの使い方に似た能力のようです。

 フォース・スローを使えば、ブラスターの動きを遅くしつつ、発射したトルーパーをフォース・プルで引き寄せて自身が撃ったブラスターに当てるといった超絶アクションも可能に!

 フォースを使うことで通り道を作ったり、回転する巨大な羽根などの障害物を止めることで通過するなど、戦闘以外に移動でもフォースは重要な要素になっています。

 ライトセーバーも、暗所では明かりとして視界が確保出来るなど戦闘以外の活用方法もあるようです。

BD−1は万能な相棒ドロイド!

STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー

 このようにカル・ケスティスが激しいアクションを繰り広げても、背中にしがみついて離れないのが相棒のドロイドBD−1。

 BD−1は、ソウ・ゲレラから受け取ったデータからホログラムを再生してマップを確認することが出来たり、施設内のドアを開けたり出来るほか、カル・ケスティスの回復までしてくれるという、素晴らしい相棒ドロイド!

 ゲームスタジオのリスポーン・エンターテイメントでのニックネームは「Buddy Droid」とされており、これを短縮して「BD−1」となったようです。

 「STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー」トークパネル現地レポート【セレブレーション2019】に書いたように、BD-1の声を担当するのは『スター・ウォーズ』シリーズのサウンドデザイナーであるベン・バート!

「STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー」トークパネル現地レポート【セレブレーション2019】
「スター・ウォーズ セレブレーション シカゴ 2019」で行われた、「STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー」トークパネルの模様をレポート!

 ゲームプレイ動画でBD-1は、まさにR2-D2のような電子音を発しておりとてもキュートで、ベン・バートらしさを感じさせます…

KXシリーズも敵キャラクターに!

 カル・ケスティスの前に立ちはだかる敵は、ストームトルーパーやスカウト・トルーパーが中心となっており、こうした帝国軍の兵員をバッタバッタとなぎ倒していきます。

 この「STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー」に登場するスカウト・トルーパーは、エレクトロスタッフのようなものを所持しており、これまでにない装備が見られます。

 また、ファースト・オーダーのフレイムトルーパーのように火炎放射器を使用するトルーパーも登場。

パージ・トルーパー

 そして、ステージのボスキャラクターのような形で対ジェダイ用のトルーパーであるパージ・トルーパーも出現。ソウ・ゲレラは、見たことがないトルーパーがいると言っていますが、これはパージ・トルーパーのことでしょうか…

 エレクトロ・スタッフを駆使してライトセーバーに立ち向かい、耐久力もあるようで手強そうです。

 さらに、ゲームプレイ動画の最後には『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のK-2SOと同型のKXシリーズ・セキュリティ・ドロイドが突如出現!K-2SOのような叩き付ける攻撃も仕掛けてくるようで、敵となるととてもやっかいな相手となるでしょう…

 「STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー」は、Xbox One、PlayStation 4、PCにて2019年11月15日に発売。

 「STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー™」、「STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー™ デラックス エディション」ともに、予約購入特典としてライトセーバーとドロイド・コンパニオン用のスペシャル装飾アイテム、STAR WARSジェダイ:フォールン・オーダー™ テーマが用意されています。

 「デラックス エディション」には、制作の舞台裏に触れられる「ディレクターズカット」コンテンツと、スペシャル装飾アイテムが収録されています。