ベルメゾンネット

新作アニメ「スター・ウォーズ レジスタンス」予告編&第1話あらすじ公開!レイアも登場

 『スター・ウォーズ』新作アニメーション「Star Wars Resistance(スター・ウォーズ レジスタンス)」の予告編が公開され、10月7日(日)にディズニー・チャンネル、DisneyNOW(動画配信アプリ)、ディズニー・チャンネルVODにて、放送・配信されることが発表されました。

 「スター・ウォーズ レジスタンス」は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の前の時代を舞台にレジスタンスに入隊した主人公のパイロット、Kazuda Xiono(カズダ・シオノ)が、ファースト・オーダーの脅威をスパイする最高機密任務を描いたTVアニメーションシリーズ。

スポンサーリンク

こだわりを感じる、爽快な飛行シーン!

 「スター・ウォーズ レジスタンス」の映像初公開となったこの予告編は、1分の時間の中でめまぐるしくカットが重ねられており、多くのシーンの断片を見ることが出来ます。

 まず、強く印象付けられるのは飛行シーンへのこだわり!

 製作のデイヴ・フィローニが本作のインスピレーションを得たのは、第二次世界大戦の戦闘機やパイロットたちからだったということで、機体の側面に設置されたカメラから後方を写すというエクストリームスポーツのようなアングルや、リングを通り抜けたり、大空を大きく旋回して飛行したりと、爽快感のある飛行シーンが随所にあり、まさに空戦版『スター・ウォーズ』といったところ。

 これはもしかしたら、宇宙戦闘があまり登場しない、大気圏内でのビークルの活躍をメインで描くシリーズになるのかも知れません…
 
 また、「スター・ウォーズ レジスタンス」は3DCGアニメーション作品ですが、淡い色合いのカラーリングとなっており、まるでコンセプトアートがそのまま動き出したかのような感じで、「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」や「スター・ウォーズ 反乱者たち」とはまったく異なるルック。

 これまでの『スター・ウォーズ』アニメーション作品にはなかったテイストに注目です。

レイア・オーガナ将軍も登場!

 もちろん、BB-8やポー・ダメロン、キャプテン・ファズマといった映画でおなじみの面々の登場にも注目です。

 この予告編では、オスカー・アイザック自身が演じるポー・ダメロンのセリフが聞けるほか、セリフはありませんが、照り返しによるものなのかアーマーが黄色く見えるキャプテン・ファズマがブラスターを撃っているカットが登場。

 さらに、ルーカスフィルムからのプレスリリースにはこの他のキャストも掲載されており、レイチェル・ブテラがレイア・オーガナ将軍を演じることが明らかになっています。

 つまり、「スター・ウォーズ レジスタンス」にはレイアも登場するということ!レジスタンスの創設者であるレイアは、準レギュラーのような形でシリーズに登場するのでしょうか。

大型給油プラットフォーム、コロッサス登場

 「スター・ウォーズ レジスタンス」予告編からは、海に浮かぶ空母のような施設が主な舞台であることが伺えます。

 このレジスタンスのものと思われる施設の名前は、コロッサス(Colossus)。アウターリムの海洋惑星(まだ名称不明)にある、大規模な給油プラットフォームです。

 このコロッサスという名前は、ロードス島にあったアポロの巨像のことであるとともに、第二次世界大戦中、ドイツの暗号を読むためにイギリスが使用した暗号解読器の名でもあります。

 巨大な施設であることを表すとともに、ファースト・オーダーとレジスタンスの諜報戦を暗示するようなネーミングですね…

第1話「The Recruit」ストーリー

 「スター・ウォーズ レジスタンス」第1話のエピソードタイトル「The Recruit」と、そのあらすじも明かされました。この第1話は1時間のエピソードとなります。

 ポー・ダメロンとBB-8によりコロッサスに配属されたカズダ・シオノは、そこで様々なエイリアンやドロイドたちと出会います。

 日に日に脅威が増すファースト・オーダーを偵察する間、カズ(という愛称になる模様)はメカニックとしてポーの旧友で宇宙船の修理店を営むベテランパイロットのイェーガー(Yeager)と共に働くことに。イェーガーには、クルーとしてタム(Tam)、ニーク(Neeku)、そして旧式のアストロメク・ドロイドのバケット(Bucket)がいて…

日本のポリゴン・ピクチュアズが
「クローン・ウォーズ」に続き制作

 さらに、日本のCG制作/アニメ制作会社のポリゴン・ピクチュアズが「スター・ウォーズ レジスタンス」を制作することも発表されています。

 ポリゴン・ピクチュアズは、「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」も制作しており、「クローン・ウォーズ」に続いて、『スター・ウォーズ』アニメーションを制作することになります。

 日本のアニメーション会社も、『スター・ウォーズ』の制作に参加するとは…今作でも、素晴らしい映像表現に期待です。

 アメリカでの放送日が発表され、日本での「スター・ウォーズ レジスタンス」の放送も気になるところですが、ウォルト・ディズニー・ジャパンからも本作のニュースリリースを出しているので、日本でも放送されるのは確実なところかと思います。

 最初は有料チャンネルからの公開となるかと思いますが、こちらについては続報を待ちましょう。